まさかの出会いと甘海沖縄3

公開日: : 最終更新日:2017/02/27 ガチ打ち, パチンコ Comment(0)

午前中に一仕事終え、グダグダな格好のままヒロキ3号へ。駐輪場から出ると、BUNBUNの常連さんから声をかけられた。なんせ隣同士、徒歩2秒の距離ゆえ、こんなこともある。

3号のパチンコ、えらいこと混んでいる。学生さん増えたなーという印象。西口本店や東口店に比べ、明らかに客層が若い。

  スポンサーリンク
 


一階である程度打てそうな台を発見した。打ちたいものと打てそうなものがあまり一致しないので、冷やかし半分でスロットコーナーへ。

島端から中を眺めつつ歩いていると、バイオハザードを打つ人と目があった。お互い「あっ!」と声が出る。これまたBUNBUNでハナハナを打つ常連さんだった。しまった、髭を剃ってくればよかったと思いつつ、バイオも打つんですね、お久しぶりですねと挨拶。

 

前日チェックしていた台は埋まっていたため、甘沖縄3へ。いつまで打てるか分からないし、二度と搭載されないであろうキラキラハッピームービーを堪能すべく、まずは1000発を目処に打ち始めた。

 

わずか5回転。怪マークを携えたデカマンボウ2連からの魚群。サメではあったものの、500個近く出てくれるのが旧基準甘海の良さだ。近いうちに新基準甘海4の登場となるだろうが、1回あたりの出玉感だけは捨てないでほしい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パチンコ感謝の旅・北日本編5 ニラク太平寺店@福島県福島市

福島の雄・ニラク。 郊外店のイメージだけど、実は東京の駅前にもあるんだよね。蒲田からだと京急沿

記事を読む

パチンコ感謝の旅・北日本編4 MAX@福島県福島市

ケーズデンキの隣にあるホール。 シマが「くの字」になってて面白い。 トイレを借りたので1,0

記事を読む

パチンコ感謝の旅・北日本編3 セントラルMEGA STAGE1000

セントラル セントラルというと高知県を思い出すんだけど、さすがに違うよね。でも1,000台超の大型

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑