【民事再生】マルホン工業の中の人と会ってきた(追記アリ)

公開日: : メーカー, 新台レポート Comment(16)

稼働しないメーカーの末路は同じ・・・じゃない

マルホン工業にせよ奥村遊機にせよ、売れないから倒産したわけです。何で売れないかといえば、ホールが買わないから。何で買わないかといえば、低稼働機ばかり続き「どうせ稼働しないから買わない」となってしまったから。

 

笑ゥせぇるすまんの続編は良いデキだったという噂もありますけど、奥村遊機はダメという認識を覆せたとは思えません。かつては甘デジの奥村と言われたこともありましたけど、既にその武器も失っていました。

 

ブログ記事ごとのPVを調べてみたところ、「マルホンを復活させよう」に対して大きな数字が出ていました。一部に勘違いした変な人もいましたけど、こんな機械を作ってほしい、あんな機械をまた打ちたいと、ファンならではの純粋な意見に溢れていました。

 

そんな矢先、ニコニコ超会議の日工組ブースでソルジャーの後継機を展示していると聞き、驚きます。そんなものを抱えているなら、なぜ出さないのかと。一方で営業マンの多くを解雇したとも聞いていたので、出したとしても売る術はあるのか??

 

・・・(。-`ω´-)んー

 

考えても仕方ないので、突撃してみましたwww

 

 

現在のマルホン

吉田「はじめまして」

D「はじめまして。マルホンのDです」

 

iPhone-2015.06.22-10.41.16.000

吉田「Dさんはマルホン生え抜きなんですか?」

D「いえ。●●●●にいました」

 

( ゚д゚ )はい?

 

吉田「それ言っちゃっていいんですか!?」

D「問題ないでしょう。私の経歴ですし、誇りを持ってますし」

吉田「ぶっちゃけ、●●●●はホール業界の勝ち組ですよね。なぜメーカーへ? しかもマルホンへ?」

D「私は元々、業界への志望動機は開発だったんです」

 

 

マルホンの販売台数ランキング

D「事前の質問項目で頂いていた販売台数ランキングは、以下のとおりです」

 

1位・10万台・ファインプレー

吉田「貫禄の首位。今の羽根モノは1万台さえ遠いのに、10万台ですか」

D「25万台という説もありますが、増産分の統計が残っていないんです」

 

2位・5万台強・ウッドペッカー

Screenshot (14)

(´ ゚д゚)はい?

D「2004年の新内規をかなり早い段階で出せたんです」

 

3位・4万台・アクアポリス2

Screenshot

吉田「いやいやいや。Eアドベンチャーならまだしも、アクアポリス!?」

 

4位・3万台・銀と金

ginkin_b

D「個人的にはこれが一番意外でした」

 

5位・3万台・戦国KIZUNA

machine

吉田「これは稼働した記憶がある。レポートも高評価で発行した! 西陣・ソフィアの決戦と丸かぶりしましたっけ」

D「サミーの戦国乱舞ともかぶりましたね」

 

番外・2,000台・プリンセステンコー

Screens2hot

 

番外・不明・ミッドナイトラスベガス

mnl_b

 

「あの頃」の機種がないようですけど・・・

D「ですよね。マルホンと言えばドットですよね。残念ながら、ソルジャー以前の機種については統計が無いんです」

 

 

マルホンの状況

??「吉田さん!」

iPhone-2015.06.22-10.46.16.000

おおおお! Nさん! ご無沙汰してます!

(実際にはとても丁寧な話し口調でしたが、読みやすさ優先で、砕けた文体で書かせていただきます)

 

N「前から聞こうと思ってたんだけど、俺が残るって話、どこから聞いたの?」

吉田「や、や、それはさすがに言えません」

 

N「実は俺が残る話、吉田さんのレポート会員さんから聞いたのよ。これからどうしようって考えてたから、すげぇ驚いた。それから何日かして会社から電話が来てさ。吉田さん、どんだけ真ん中にいたの?」

吉田「いやいやいや。真ん中にいたのは私じゃなく、その情報提供者さんだと思います」

 

 

マルホン工業の歴史は?

N「元々は戦後、岸金属工業から始まってる。そこから経営難や色々あってマルホン工業になるんだけど、当時を知る人間がもう、ねぇ」

D「ほんの数名残ってるくらいですかね」

吉田「民事再生となった当日の様子はいかがでしたか」

D「3月10日の午後イチで本部からFAXが入りまして。翌11日は必ず会社へ居ろとの指示でした。当日は鮮烈でしたよ。いきなり大きな茶封筒を渡され、中に入っていたのは解雇通告。ある程度の覚悟はしていましたけど、やはりショックでした」

 

 

民事再生の原因は何ですか?

D「民事再生前の様子を思い出していただきたいんですけど、1ヵ月おきにババババっとリリースされましたよね。もう自転車操業だったんです。ミッドナイトラスベガス、パールセブン等々、ほんとギリギリ」

N「直接はやはり、部品代の圧迫よ。債権者リストを見てもらうと分かるんだけど、この支払いがどうにもならなかった。作った、想定した、売れない。作った、想定した、売れない。開発費だけが高騰していき、赤字も積み重なっていった」

 

 

マルホンの版権は偏っていたように思うが

N「というと?」

吉田「エサカマサミとか、男路線とか」

N「あー、喧嘩番長とか、武田鉄矢の龍馬とかね。あと武藤敬司」

吉田「うわ、あったあった」

N「そう。あと、すたこらレーサーって覚えてる?」

吉田「はいはい。あれは面白かった。羽根モノみたいなリーチがありましたね。ああいうオリジナル路線を・・・」

N「あれって実はタイアップで、オリジナルじゃないのよ」

 

(´ ゚д゚)え?

 

  スポンサーリンク
 

 

なぜ「あの頃」を捨てたのか

吉田「マルホンといえば」

N「三色ドットだよね、知ってる」

 

吉田「以前、マルホンの中の人からメールをいただいたことがあるんです。シャカRUSHをブログで取り上げてくれてありがとうございますと。『売れないよ』と言う人の多い環境であったと」

N「シャカの見本機が届いたとき、俺達営業は小躍りしたよ。そう、これがマルホンだって」

D「私も見た瞬間痺れました」

 

吉田「あれを否定する人がいたということは、彼らはホールのニーズ、ファンのニーズを全く知らなかったということですよね。信じられないことに、シャカシリーズのヒットを受けてもなお、最後まで他に三色ドットを出さなかった」

D「三色ドットの企画はあったんです。それこそファンキードクターみたいな」

吉田「おお、ファンキードクター! あれは今の規則でも作れるはず」

ファンキードクター BOX

D「でも、企画が出た当時の市場は液晶でしたよ、やはり。シャカの大反響を受け、ドットでシャカを超えられるのかという話になりました」

N「ぶっちゃけ、『シャカを超えられないなら、ドットはシャカだけでいいじゃん』ってなったんだよ」

 

(´ ゚д゚)はい?

 

なぜシャカしか出なかったのか

syaka

D「信じられないでしょ。シャカを潰したくないと考えて、さっき言ったような、誰も買いたいと思えないような版権モノを作ったんです」

N「ドットはシャカでいい。液晶はKIZUNAがヒットしたし、やっぱり美麗だよねと。これで高コスト体質確定。しかもロット(販売数)が小さいから安くならない」

D「ヒット機種を作るのはもちろん大切ですけど、ヒットした直後に会社の体質が出てしまうんです。気付いたら、シャカの二匹目のドジョウにすがるしかない状況でした」

 

 

新生マルホンは何が違うのか

N「風通し。ボトルネックとされていた部分を解消できた。社員は1/3になったけど、その痛みを受け、変化することに躊躇がなくなった

D「風通しには縦横二つの意味があります。縦は、組織の上層部へ堂々と意見を述べられること。横は、営業と開発が共にスクラムを組むこと」

 

吉田「開発はまだ残ってるんですか?」

D「はい。今回大きく減ったのは営業です。もちろん開発もスリムになりました。拠点で残ってるのは東京と大阪のみですね」

 

吉田「え? 名古屋とか福岡は?」

N「ないよ」

吉田「はい? だって名古屋の会社ですよね??

N「デスヨ」

D「東京の営業は支店長を入れて4人。大阪は2人。ほんと、機械を売ろうと思ったら限界があります」

 

N「歴史のある会社だから、それだけドロドロと淀んでた部分がある。営業にせよ、本部にせよ。それを除こうと思ったら、これだけの荒療治が必要になる。吉田さんのブログは他メーカーの人も見てるでしょ? その人達に伝えてよ。こうなる前にできることはあるぞって」

D「開発も同じですね。作りたくても、売れなければ作れない。作れなければ、あれくらい俺でもできると主張したって無意味です。作れないんですから」

N「ここだけの話だけど、顧客だったホールさんの話を聞こうとしたら、『知るか! 俺はもうクビになったんだから教えねえよ!!』って言う人もいたしね。ギリギリの局面だと、人間性も出る」

 

 

現在の給料

D「あれ、それ聞いちゃいます?

N「減ったよ! 超減ったよ!

 

 

マルホンの未来

吉田「今後、シャカ以外のドットは?」

D「出ます」

N「出ます、出します、出させます」

吉田「Nさんが言うと嘘臭いんですけどwww」

 

N「いやいや冗談抜きで。今やっと会社が一つになったから、今後には期待していいよ。みんなの心に残っている『マルホン』が帰ってくる。直近は、民事再生前に作っていた機械を限界まで洗練させて出す。ファンはどういうときに楽しいと感じるのか、開発も営業も一つになって意見を交わしてる」

D「年に3機種と考えた場合、液晶は1機種が限界です。安価でホールに還元し、ホールはファンへ還元する。ポイントは打って面白いか面白くないかだけです」

 

吉田「野菜の王国とか、結構面白いんですけどね」

D「アレは惜しかったんですよ。民事再生前にも、マルホンを変えようという動きはあった。実現しませんでしたけど、野菜はその残滓です」

N「でも今ならできる。他メーカーがやらないこと・・・じゃなくて、やろうとしても絶対に企画が通らないことをやりたい。だって、うちは今、業界一風通しがいいんだから。武器を生かさない手はないでしょ」

 

 

どんなマルホンにしたいか

N「ホールに貢献できるメーカーとは何かを考え直す。ファンから注目を集められるメーカーにしたい。マルホンの台は何時間打っても面白いんだよと。うちは元々、直販比率は小さい。歴史的にも業者さんと共に歩んできた。初心に返るというわけじゃないけど、共に歩む意味をもう一度考え、営業に当りたい」

D「ホールの要望を叶えられる、小さなPB需要にも対応できるようにしたいですね。あとは、お金がないのを利点として、在野の絵師(イラストレーター)や、作曲家を使いたい

N「あと、営業マンは日本中に6人しかいないから、見つけたホールさんは大吉(笑)」

 

 

最後に、好きな機械は何ですか?

D「羽根モノならファインプレー。爆裂機ならビックリマンとスマイル

N「俺はぬーべー」

吉田「え? ちょ、他社機www」

N「いや、ぬーべー最高に面白いから。3日に1回は打ってるし。藤商事さんに伝えておいてよ。素晴らしい機械をありがとうって」

 

 

おまけ

というわけで、3時間にも及ぶロングラン取材は終了しました。書けないことも一杯・・・なかったな。ほとんど書いちゃった。再建中ということで、資本関係や資金繰りについてはNGでしたけど、って、あれ、Dさん、どうしたんですか?

 

D「言い忘れたことがあるんですけど、いいですか」

吉田「はい、どうぞ?」

 

D「汗流して、脂肪を落としといた方がいいですよ

 

・・・

・・・

・・・それ、私に対して? ホールに対して? それとも他メーカーに対して?

 

D「ナイショ★」

 

以上、マルホン工業への突撃取材でした。

 

リンク→【マルホン工業・民事再生手続き開始決定のお知らせ

 

 

— more —

販売台数について情報をいただきました。別記事として掲載します

 

 

Comment

  1. 白髭 より:

    よき代弁者ですな。
    あなたの存在価値を改めて知りました。
    素晴らしいですな。

    • ありがとうございます。奥村にせよマルホンにせよ、全く話題にならず記憶から消えていくのは耐えられないんですよね。特にマルホンはまだ生きてるんだから。

  2. こぶらかい(元マルホン社員) より:

    すいません。
    今回の記事はぶっちゃけ「??」ですわな。
    機種ランキングもちょっとええ加減かと…
    正直記事に書けない事の方が多いのでは?聞いていればの話ですがね。
    とは言うもののマルホンを応援して頂ける記事にして頂けたのはOBとしてもありがたいですわな。そこは感謝致します。
    でもその気持ちは評論で飯を食っている(機種評価)立場で表に出しても良いのかと若干の違和感あり…
    要は吉田さんが付けられた点数(機種評価)を知っている身分からしたら「何を今更」と思う部分がありますよ。
    民事再生の事にしたってそれ以外の事にしても正直出せない情報の方が多いですから。
    変に興味持たれる方達が居てるやも知れません。出来ればそっと応援してやって下さい。

    • 機種ランキングが間違ってるとのことですが、もしよろしければ、正確なランキングを教えていただけると嬉しいです。

      >マルホンを応援して頂ける
      >評論で飯を食っている(機種評価)立場で表に出しても良いのか

      これは、ファン感情と評論を分離できるのか、ということでしょうか。答えを先に書いてしまうならば、「できる」「感情を表に出しても良い」となります。

      こぶらかいさんは今回の記事について、「何を今さら」と思われたんですよね。低評価をしてきたのに今さら応援記事って・・・、という意味かと思われます。でもこれってつまり、ファン感情と評論を分離してきた証左でもあります。感情と評論を分離できず一緒になっちゃう人は、そもそもファンですらないよ。

      こぶらかいさんは元マルホン社員ですよね。「そっとしておいてほしい」という意見は本音かと思います。ただこれ、取材を受けた現役社員の人達の感情とは、真っ向から対立しませんかね。少なくとも取材中、「そっとしておいて」とは言われませんでした。むしろ「頑張るから応援してくれ!」と。

      ここの差というか、乖離に戸惑ってしまいます。

      ブログの難しさを感じると共に、ファン感情としてはマルホン工業復活(というかドット復活)を願っているので、今後も取り上げていくと思います。

      その一方で、機械の評価は厳しく下します。シャカンナーの点数は、同じナナセグ機のJ-RUSH以下でした。感情と評価は常に分離する、それがプロなのだという点のみ、ご理解いただければと思います< (_ _)>

  3. としあき より:

    マルホンは思い出深いメーカーですので
    これからもリリースしてくれるのはありがたいですね。
    私がマルホンを認識したのは花火師勘太(デジパチ)でした
    その当時は液晶機ばかりの中ドットの台は新鮮に感じて打てて良かったのに
    続編から液晶機になってアレっ?と思ってた謎が大体解けました。
    シャカシリーズ以外にもドットの台を復活させ欲しいですね。

    • 記事へ書いた以上に、ドットの話ばかりしてましたw
      花火師勘太は往年のマルホン工業を思い起こさせる機械でしたね。今までも液晶を使った疑似ドットは多く出てきましたけど、やっぱりあのツブツブには勝てない。なんなんでしょうね、これって。

      復活してほしいドット機のアンケートでもやりますかw

  4. こうじみそ より:

    読みごたえありました!
    ありがとうございます。
    アドベンチャーチャーが懐かしいです。

  5. ひろ より:

    スマイル、ロックンビート、ファンキーDr.、ソルジャー…沢山ありますが、アッ全て権利モノだ‼︎
    65%になっても、造れるスペックで出玉バランスと上手い演出で宜しくお願い致します‼︎

    リーチアクションとサウンド期待値出玉バランス良‼︎

    • 液晶機と違ってドットは「昔のまま出せる」のですよね。マルホン工業のドット機は確率が浅いので、濃い演出は不要なわけですから。

  6. 奥平剛士 より:

    非常に面白かったです。
    なんというか。意地が見える。
    意地というものが未練たらしく悪いように思えるのが日本(俺の中の表現では中世ジャップランド)ですが、このマルホンの人たちの意地は気持ちいい。
    頑張っていただきたい。
    そして、それを言葉にした吉田さんは月並みな言葉で申し訳ないが立派だし、凄い。とても良かった。

    • 立派、ではないと思うんですけどね(汗)
      ありがとうございます。
      意地を通してほしいです。
      復活できたら歴史に残ります。
      スケールは違いますけど、一度は業界から弾かれた私も復活できた。
      パチンコ業界は広い懐を持っていますから。

  7. おくやん より:

    楽しく読まさせていただいています
    僕も早くマルホンのドットが打ちたいです
    ファンキードクター、ブイブイラリーゴーストダンサーズ(現金機)フリフリダービーみたいに手軽に遊べて楽しい台を待っているファンがいることを伝えて下さい

    • どもです(*゚ー゚*)

      伝えるも何も、ここへ書いてくださった時点で、間違いなく伝わると思いますよ。一応取材なので、見てくださってるとかと。

      マルホン工業はファンの記憶にこそ「資産」があるわけですから。

  8. たかちゃん より:

    ファンキードクターを何の小細工もせず、ドットだけ液晶拡大してもらい当時のままで出して貰いたいです。大当たりに15Rとかポップな音楽は全て要りません。当時のあの3Rの音楽と博士の最後の実験だけで最高ですし、それを待ってる方は多いと思います。

    出来たらセキュリティーだけを搭載し、個人的には当時のあの枠が大好きだったので、リメイクして欲しいと思います。最近のマルホンはバネが悪いので、お伝えください。

    もう一度いいます。ファインプレーに関しては昔ながらの「ラウンド継続型」を先に出していれば、かなりヒットしたのでは?と思いますし、最近のメーカーは不要な演出や無駄なタイアップをやり過ぎです。シンプルイズベスト!な機種が作れるのが「ドットマルホン」さんなので、俺はシャカラッシュ嫌いでした。

    CRファンキードクターを期待しています。

    • 懐かしい記事にコメントありがとう。

      この時、私が真っ先に語ったのは、「ファンキードクターをそのまま出してください」でした。そういう意見は多く届いているそうですよ。なのに登場しないということは、つまり二度と登場しないということでしょう。

      問題は、開発者のプライドなのか、管理職の胆力なのかは分かりません。「メーカーは決して昔のまま登場させない」。これはもう絶対の法則です。

      液晶を昔のまま出したって陳腐なだけ。だけどドットや羽根モノなら色あせないと思うよね。だけど開発者は「今のファンはついてこれない」と言って拒否します。ついてこれないってデータはどこから集めたのか不明なんですけど、脳内データだけで現実のファンの声をガン無視する。これはほぼ全メーカー共通のカルチャーです。ニーズだけで機械は作らない(他社の真似はする)。

      もしも昔のまま出してほしいなら、メーカーを買収し、自分で作るしかないでしょう。もしくは警察官僚に世論で訴えるか。可能性としては後者の方が高いかな。

      何度も言いますけど、メーカーは絶対、絶対、絶対にやりません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カレーもいいけど喰霊もね

抜刀クッキングw LINEで教えてもらったのに、今まで見てませんでした。おせちもいいけどカレー

記事を読む

パチスロ エヴァンゲリオン in 沖縄? ドキドキ400バージョン30φ

動画ソース→【フィールズ公式】 なんやこれw 声出してワロタwww 迷走

記事を読む

よし、今日は勝てそうな気がする

友人とラインで朝からシンフォギア談義。なんかもう絶唱ですわ。 シンフォギアってさ、

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑