客のニーズを読み取る力を鍛える方法

公開日: : ホール Comment(0)

客のニーズが分からない、あるいは、分かってるのに客が減る。それって、努力の方向が間違ってるのかもよ。

  スポンサーリンク
 

ニーズ読み取る能力を鍛えるのは意外と簡単で。告知無しで一般景品の販売数を上げる訓練をするだけでいい。

 

・ジジババしかいないなら、ハロウィンより盆暮れグッズ
・DQNが多いなら、ちょっと眉をしかめるようなクルマの芳香剤や、水墨画の猛獣みたいな柄の服
・喫煙率が高いなら、100種類のタバコ

 

色々あると思うけど、一般景品で客のニーズを読み取る能力を鍛えると、利用者のいない無料サービスや、初日からガララーガな新台を導入しなくなる。

 

ニーズの読み取りは、個々人のセンスによる決め打ちじゃない。トライ&エラーを繰り返し、現在の需要を探し続けること。才能ではなく、飽くなき反復なんだよね。

 

決め打ちでニーズを当てれば派手だし格好いいんだけど、そればかり評価する経営陣の多い会社は、まあ、伸びないわな。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おお、回るぞ

新装初日からボーダーマイナス10回レベルだった某店のカイジ。 「ものすごい爆発する」という謎の噂に

記事を読む

なんであんなにマルハン嫌いだったんだろう

雨の蒲田。 今日はマルハンにした。 普通に入店して普通に打ち始めたけど、少し前なら考えられなかっ

記事を読む

犬夜叉、高稼働

カマタ界隈。同時期のカイジより、犬夜叉の方が高稼働です。 甘めの犬夜叉、激辛のカイジ。 アナログ

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑