ボン感・6団体合意について思ったこと

公開日: : 最終更新日:2015/11/07 ボン感, 業界ネタ Comment(5)

出遅れた感じはするけど、一言だけ書きたいと思います。

6団体合意とは→【プレイグラフ

高射幸機リスト→【パチンコビレッジ

 

  スポンサーリンク
 

 

6団体合意にこぎつけた関係者の苦労は大変なものだったと思う。東奔西走された方々には頭が下がります。

 

その上で、合意したことで、高射幸機を製造、ないし運用し続けた、業界ぐるみで高射幸機を放置し続けたと認めたことになるのではないか、と心配しています。

 

警察からは「のめり込みを防止するため、この世から高射幸機を撲滅する」という強い意志を感じますよね。私はこの業界浄化の手は景品問題へ及ぶと考え、サンテンマーケットの準備を進めているわけで。

 

そんな警察がだよ。今まで当該機を作り続けたメーカーや、MAX機をなるべく長く設置したい、中古流通を可能な限り維持したいホールに対して、甘い顔をするとはとても思えないんだよね。放置し続けたんだから運用を止める、流通を止める、回収すると、自明の理として業界側から出てくることを警察は期待したのではないか。

 

おそらく警察へも相談しながら決めたであろう合意が、更なる規制の理由付けになってしまうのではないか。

 

・・・という懸念を抱きました。

 

じゃあ合意しなきゃよかったのか! と言われたらそんなことはなく。代案はあるのか! と言われてもそんなものはなく。事実に対する感想文の域を出ない、とても残念な記事です。

 

今必要なのは「さらにもう一段階強烈な規制があるはずだ」という覚悟を決めておくことでしょうね。改善が進まなければメーカーもホールも後悔することになるよ。少なくとも、高射幸機を下取りするからOKだろ的な話ではないわけで。

 

Google ad

Comment

  1. ひろ より:

    あるメーカー様は、下取りの分だけ価格を上げたんですよ。
    おそらく、今後必要不可欠な、釘に関わる納品立会いや部品交換にかかる設置確認費用も上乗せしますね。

    この費用…

  2. 白髭 より:

    そこはモノの評価もあれば売る側の都合もありましょうな。
    いずれは淘汰され変わらざるを得ない状況になるでしょうな。
    吉田さまの言われる通りこの度は本気度が違うと感じております。
    皆が皆同じ温度ではない。
    ここが問題なんでしょうな。
    末端は決まり事を見てすでに抗えない覚悟はしております。
    6団体様でいち早く全国基準を作って頂きたいものです。
    そろそろあそこの件では、西では東ではがなくなるように業界全体の統一基準作りが必要ですな。
    少々口が過ぎました。
    申し訳ない次第でございます。

  3. ブックドラゴン より:

    リストのパチ61機種見てみましたが
    平成28年12月まで残っていて客もついていそうなのが
    ガロ2種と慶次ぐらいじゃなかろうか・・。

    そもそもリストの機種基準がよく分かりませんね・・
    エヴァ10やルパンだって充分高射幸機ではなかろうか?
    (それらの機種を撤去してほしいって訳じゃないですが)

    もっと言えば4パチという存在自体が高射幸じゃなかろうか。
    私としては、いっそ4パチそのものを規制してほしいんですけどね・・。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

毎日新聞「パチ屋へは子供連れでも簡単には入れる」

これが問題の社説か。 「子ども連れでもパチンコ店などに自由に出入りできるのが日本の現状」 ソース

記事を読む

新内規で甘デジは死んだなと思う

通常ベースの分、大当りの出玉にしわ寄せされてる。200個250個じゃキツイよ。本音を言えば450個~

記事を読む

カイジ沼3で大きいところ捕まえた

うおおおおおお!!! やっと! 引いた!! なんでか知らんが、ナナセグの電

記事を読む

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑