ボン感アーカイブス・なぜ休眠層を復活させられないのか

公開日: : 最終更新日:2015/11/12 ボン感 Comment(4)

 

いいパチンコブログ最新記事はこちらへ移転しました。

 

なぜ休眠層を復活させられないのか

(2011年1月の記事を修正した上で再掲載します)

 

 

小遣いを何日に分けて使うか

当たり前の話ですが、普通の人の場合、パチンコへ投じられる金額は毎月ほぼ一定です。ここに、1ヶ月で2万円使えるお客様がいるとしましょう。(これでも世間では多い方なんですよ)

新台に1時間で2万円使い、次の来店は翌月のAさん

毎日通って旧台に1ヶ月で2万円使い、次の来店は明日のBさん

後者の多い店ほど強いと考えます。

多くのホールさんも後者を求めていると信じたいのですが、なぜか買うのははAさん向きの機械ばかり。調整もAさん向きばかり。イベントも、接客でさえそう。

これぞまさに「求める客」を設定できていないと感じる所以です。当記事においては、一つだけ、ただ一つだけ主張したいことがあります。機械を大切に使えとか、もっと出せとか、そういうことじゃない。短期決戦型の新台を買って抜いてるのが事実なら、Bさんはいなくなるよねという点。

 

 

来てほしい客層に適した機械を設置しているか

店長さん達の思いは色々でしょうけれど、来てほしい、定着してほしい客に適した機械を買っているのか。その機械に適した運用をしているのか。その機械を打ちたい人へどのように情報を届けているのか。届け方は正しいのか、効果的なのか。欲しい客と必要な機械のパッケージがとても重要になってきます。

新装開店、新台入替は、今でも「出玉」をイメージさせます。出玉のイメージは新装の幻想そのものであり、これが生きているからこそ、新装は今でも最も集客力のあるイベントとして活用されるわけです。

 

 

出玉のイメージだけでは口コミに乗らない

今後厳しく問われるのは、口コミで広がってほしいイメージは出玉だけなのか、という点です。ご存知の通り、出玉感と実際の出玉は異なります。極めて主観的なんです。

ゆえに稼働のあるホールに出玉感で対抗するのは難しい。出玉関係以外を評価してほしい場合、よほど強い特徴を示さねば、とてもじゃないけど口コミには乗りません。

喉から手が出るほど欲しい、出玉とは関係のない特徴とは、一般の商品で言えば価格以外の訴求力です。パチンコが厳しいのは、出玉=低価格ではなく、出玉感=低価格と思われてしまうところ。本当に薄利多売でも、稼働がなければ安く見えません

 

 

稼働より利益www

ホールさんからは「稼働と利益なら、利益が大切」と聞きます。そりゃそうです、事業ですから。では、最低限の利益を確保できた上ならどうなんでしょうか。おそらく、そこから先は稼働を求めるのではないでしょうか。なのに「稼働より利益」と金科玉条のように唱え続けるのはなぜなのでしょうか。

さきほどのAさんとBさん。お店にとって利益額は同じ。だけど、本当に当たり前の話ですけど、Aさんタイプ300人と、Bさんタイプ300人なら、どっちのお店が繁盛しているように見えますかね。

答えはもちろんBさんタイプのホール。だって毎日300人いるんですから。一方のAさんタイプのホールは毎日10人しかいません。これから新規客を開拓しようと思った時、楽なのはどっちのホールなのか。いざ新規客の来店となったとき、常連化する可能性の高いのは、Aホールか、Bホールか。答えは自明でしょう。

 

  スポンサーリンク
 

 

暇な店へ浮気するバカはいない

あまり語られることはありませんけど、Aホールは致命的な欠陥をもっています。冷静に考えてみましょう。Aさんは、負けた後29日の空白日がありますね。その間、毎日満席なBホールの噂を聞いたら、おそらく翌月は浮気しますよ。

一方のBさんは毎日Bホールへ通っていますから、わざわざ暇なホールへ浮気する理由がない。

つまり、短期決戦型のホールは、近所に長期決戦型のホールが誕生したとき、異様なまでの弱みをさらけ出してしまうんです。

 

 

浮気性な人だけを残してしまったパチンコ業界

お客様の可処分所得が一定である以上、短期決戦・短期回収のホールほど、浮気されやすいのではないか。

確かに現在は、短期決戦型の機械しか出てない以上、今のまま突き進むしかありません。うがった見方をすれば、メーカーが率先して、浮気なお客様を生み出したとも言えるでしょう。

ちなみに、かつて沢山あったBホールへ通っていた人達は今、どこにいると思いますか? 時短解禁、連チャン50%以上解禁、3個戻し解禁といった大きな流れを経て、自分達の居場所を失ったBさん達はどこにいるのか。

そう。パチンコ以外の娯楽に、浮気することなく没頭しています。彼らは、現在没頭していることから裏切られない限り、Aホールへは行かないでしょう。ゆえに、休眠層を復活させるのは難しいのです。

 

 

振り返って

こういう「ざっくりした分析」って大好きです。普通の分析は統計や計測値を用いるんですけど、私の頭では処理しきれない。そういうのはダイコクやエンビズ、矢野に任せます。

メーカーさん、特に開発者の場合、数字の入っていない分析は「ただの個人感想文」として受け付けません。自分の担当した機械への批判だったらなおさらです。

数字を大切にし、理論を大切にし、低稼働の機械を量産する。経営陣は、そういう開発者に給料を支払い続けた。数字を大切にしていたのではなく、感性の劣化を隠していただけなんですね。

 

Comment

  1. 宥ちゃん より:

    分かりやすいし、まったくその通りだと思います。
    パチンコの2万円はぜいぜい2時間。
    他の娯楽なら色々楽しめますからね。それを知ったら、もう戻らない。
    低貸ですら遊べないのが現実ですから。

  2. 白髭 より:

    やれやれ吉田さんらしくないですな。
    休眠客なんぞ存在致しません。
    既に休んでもおらず。眠ってもおりませぬ。
    止めたではなく辞めた方々ですぞ。
    つまりは我々が今からやり方や考え方を変えて此れからの新規のお客様が迎えられるようにしなければならないんですな。
    ここから先に休眠客がいらっしゃるなら新規のお客様が唯一起こしてくれる存在ですぞ。
    本音を申され。
    らしくないですぞ。

  3. かえる より:

    僕は休眠客は居る派かなぁ。
    正に自分の嫁がそのタイプです。

    自分は業界仕事だから気になった台を時々打ちますが、嫁は沖海でコテンパンにやられて数年間止めてました。
    2000回オーバーのハマリの連続だと家計も火の車。その後、誘っても負けるから行かないと…
    最近余りにも暇だったので、ブラックのライトを一緒に打ちに誘った所、2人で2万円位の投資で数千円の勝ち。(嫁は5千円負け)
    このあと週末は一緒に打ちに行ってます。

    多分こんなケースは沢山ありそうな気がします。牙狼の様なマックスじゃ誘え無いけど、取り合えず当りが体験出来る台なら誘いやすい。

  4. LOMMER より:

    稀に認識の違いを感じます。
    どうしても一般と乖離してるのは仕方が無いかも知れませんが、
    >新装開店、新台入替は、今でも「出玉」をイメージさせます。
    恐らく一般人は、既にそのイメージは有りませんよ。
    「新装は今でも最も集客力のあるイベント」だと思っているのは、
    それこそ業界だけでは無いでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リング、飽きた

通常→確変3連→確変単発→確変単発→確変単発→心折れる 猫への愛情と、猫の仕草は敬服にあたいす

記事を読む

倖田來未5は悪くない

船橋のパラッツォで打ちました。すごい「」で財布の中がパラッツォになっちゃうよって感じ。 &nb

記事を読む

ボン感・BUNBUNへ取材してみた

そも蒲田とは 蒲田って激戦区なんだよね。 長年地元で高稼働を維持してきたヒロキ、金時に加え、

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑