枠に表れるメーカーの体質

公開日: : ガチ打ち, パチンコ, メーカー Comment(2)

大一の新枠は、下皿が小さすぎて玉をうまくつかめない。もはや灰皿と言っていいレベルだ。

仮面ライダーのハンドルもそうだけど、パチンコにおける基本動作を邪魔する設計は、本質的にプレイヤー無視だと思う。

玉を上に上げる動作は、飲まれているとき、ハマっているとき、負けに負けて帰る瞬間に行われる。

そんな時、このつかみにくさだ。落ち込んた気持ちをイライラに変え、遊技台を嫌いにさせる。プレイヤーファーストを忘れた工業製品の、どこに価値を見い出せというのか。

下皿を極限まで小さくしてまで、ボタンを大きくしたかった理由は何なのか。小さなボタンでも私たちは喜んで押すし、ジジババは本気でブッ叩く。なのになぜ、このサイズなのか。

中央に「1」と書かれているが、ひょっとして、業界で一番大きいボタンだよと、パチンコの遊技性とは関係の薄っすい部分を誇りたいために、下皿を使いにくくしたのか。

プレイヤー無視を感じる点は他にもある。

スポンサーリンク

 

現代のパチンコにおいて、台上の情報端末は必須だ。老いも若きも男も女も、チラリちらりと上を見る。

さあ、大一の機械でも上を見てみようか。

なぜ隠すし。

この出っ張りは何のためにあるのか。情報機器を見にくくさせてでも、伝えたいこと、稼働に資すること、面白いことが起きるのだろうか。

いくらなんでも、隠そうと思ってやったのではないだろう。牙狼の出っ張りも酷いものだが、ちゃんと意図はあった。1時間程の遊技では、バカボンにおける出っ張りの意図は計り知れなかったので、今後も注目してみよう。

そういえば、ハンドル仮面ライダーにも邪魔な出っ張りがあった。大当り時にバコっと飛び出て、情報機器を完全に隠し尽くした。

よく見てみると、藤商事の激アツ模様よろしく、黄色と黒のストライプで何か書いてある。

おお、これは開発者からのメッセージに違いない。かつては年間首位に輝いたメーカーだ。こんな場所へメッセージを残すとは流石じゃないか。

どれどれ・・・。

手や指をベルトのすき間に入れないでください。



( ゚д゚)ポカーン

ああ、そう。わざわざこんな大仰な仕掛けを用意して、伝えたいのは、それなんだ。

指突っ込まれたくないなら初めから付けるんじゃねえよボケ。・・・という怒りはおそらく私だけなので、メーカーさんは一切気にする必要はないです。ないんですけど、よく覚えてほしい。これが「オナニー」なんだよ。

 

オナニー体質は必ず、開発の中心に達する。気持ちいいからね。内部を蝕み、独りよがりの機械を量産する。プレイヤーから見放され、ホールから見放され、没落する。

感性と市場がマッチしてる間はいいけれど、そんなものは長続きしない。知ってるでしょ、京楽の急転直下を。大一だって、かつては名古屋メーカーの首位を走っていたんだ。

 

個人的に好きな枠は三洋かな。沖縄4の石鹸箱みたいなボタンではなく、一つ前のやつ。沖縄3から海JAPANまで使われたやつね。あれは良い。使い勝手まで含めて「デザイン」。ユーザーファーストな工業製品は、美しいんだよ。

 

Google ad

Comment

  1. ぱちを より:

    京楽.は社長の感性がズレてきているんでしょうね。
    でも周りに「ズレてますよ」と言える人がいない。

    • 検索したら、今から4年前の2012年に、私はコメント欄にこんなことを書いていました。

      —————————————-
      「榎本善紀」というパーソナリティこそ京楽の強味。
      全く異存はありませんけど、果たしてそれはこれからも強味になるのか、否か。

      本当に怖いのは、「榎本のために」を「京楽のために」へスライドし、榎本社長抜きでも京楽的な機械を妥協無く作れるようになった場合。これは長く続きますよ。

      まぁ、コンバトラーを見る限り、まだまだ先になりそうですけど。
      —————————————-

      当ってたのかもしれん(; -`ω´-)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パチンコメーカーの企画開発

当初の企画案     外注先から届いた演出

記事を読む

グランドオープンでキツい展開

ご飯食べたり他店を見たりしつつ、ガイアへ戻る。一階のメイン機種は満席。三階のAタイプもほぼ満席。

記事を読む

モモキュンの甘デジ

蒲田の某店。幕板のPOPは「モモキュンソード3」になってるけど、あれって「2」じゃないか? 見間違

記事を読む

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑