SANKYOの電飾

公開日: : ガチ打ち, パチンコ Comment(2)

ヤマトオンリーワンが楽しかったので、一つ前のヤマトを打ってみた。

クッソつまんねえwww

ステージばかり変わって頭に入ってこない。唯一、人間関係の相関図は良かった。表示時間が短すぎて、頭に入ってこないなりに、原作を知らないので助かる。

  スポンサーリンク
 

演出のバランスやテンポよりも気になったのは、電飾。SANKYOの電飾といえば、曲に合わせて歌っているような、魅力的な制御を行っていた。

なんだこの下品さは。

昔の京楽じゃないんだから、派手な色をペッカペッカさせてんじゃないよ。

点滅より明滅。まるで歌声を光に載せるような、あの微細な制御はどこへ行ったんだ。

電飾は主役じゃない。

液晶演出を盛り上げ、楽曲の魅力を引き出し、プレイヤーの感情に応え、遊技をサポートする。

特に「♪ヤーマートー」という部分で配色に不満が残る。ヤーマーまでは赤ベースで、トーで青っぽくなる。最後に寒色なためか、盛り上がるより間の抜けた印象が残ってしまった。

オンリーワンはどうなってるのかな。もう一度、当たるまで打ってみようか。

Comment

  1. パチコム より:

    色演出がスタンダードになってる今のパチンコで、曲に合わせて光る電飾は液晶とマッチしない事が多くて演出のわかりやすさへの妨げになってる気がしますけどね。
    サンキョーはそれがお家芸と言い張るかもしれませんが、電飾を落とす、捨てる勇気がないだけであって、消灯によって生まれる間や演出の深さはまったくないことに気づいて欲しいですね。

    • 2008年くらいまでは、「消しの京楽、点けのSANKYO」だった頃があるんですよ。渋さと若々しさで対比できると思うんですけど、どちらも品があった。

      いつの間にか京楽は、間を練り上げた消し方を放棄し、下品に光らせるようになった。

      次いでSANKYOも、大夏祭りあたりから「業界最多のLED!」なんていうことをやらかした。後はもう、止まらぬインフレです。

      金無垢のロレックスばかりを揃えて自慢し、よく見ると時計そのものは壊れて動かない。そんなみっともないイメージです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オマージュ・パロディ・パクリ パチンコ業界だと?

繰り返し説かれていることですが ・元ネタを知っていると楽しめるのがオマージュ ・元ネタを知ら

記事を読む

死ねばいいのに

なんだよ等価ボーダー27回って_| ̄|○ 先に調べなかった俺が悪い。 24回あるぜやっふー!

記事を読む

モモキュンソード4初打ち

375発で当るも単発終了。 前作に続き使えない天女隊。 何を思ったかアイドルになって

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑