クソ枠選手権グランプリ

公開日: : 最終更新日:2017/01/24 ガチ打ち, パチンコ, メーカー Comment(4)

圧倒的にコイツ。

他メーカーと異なり「押し込む」アクションとなるため、異様・異常・異形なデカさの割に案外押しにくい。

回転が途切れるとすぐに発光するもんだから、回らないことを常にプレイヤーへ伝えてしまう。

 

スポンサーリンク

 

灰皿かと見紛うばかりの小さな下皿。

圧倒的に狭い、玉箱との隙間。横と上から見ると、手を突っ込むスペースが無いと分かる。

狭いだけでなく、ボタン下あたりにプラスチックの継ぎ目があり手の甲をひっかいて痛い。

 

下皿から玉を掴んで持ち上げる、玉箱から玉を掴んで持ち上げるという、パチンコ遊技の基本動作を無視し切ってる。

遊技機のデザイン」として見たら、ほとんど欠陥品だよ。

箱を左へずらせばいいだけの話なんですけど、それを客に強要する台枠ってどうなんだ。パチンコの主役は枠じゃない。プレイヤーでしょ。

その点、海沖縄3の枠は素晴らしかった。長く遊技することを前提にしてあって、パチンコという遊技をパッケージで考える思想を感じた。

 

珍奇な図面を描ける人はどこにでもいる。しかし、デザイナーは少ない。

 

ただまあ、よく回り、かつ当ってくれたので貯玉は増やせました。ホールの努力を無駄にする台枠ってのもあるんだなと、ある種感心したよ。

Google ad

Comment

  1. 白髭 より:

    遊技機デザインとは機能性を持っている事が大前提ですな。
    このメーカー様はいつからか商業デザインの目立ちたがりになりましたな。
    つまりは見た目で騙そうとしておるんでしょうな。
    使ってみたら非常に不愉快でもう騙されんよ。という方々が触らなくなってきておりますな。
    復活していただける迄に何年かかりますかな。
    少しばかり期待しておるんだがまだまだ甘いですかな。

    • 目立ってもいいし派手でもいいから、まず大前提として遊技しやすい枠にしてくれよって思います。あれだけデカいボタンを搭載するために色々なものを犠牲にした。しかもそのボタンが意外と押しにくいって、一体誰のためのデバイスなのか。

      図面へ起こした開発者のセンスと、採用した経営センス。メーカーとして糾弾されるべき製造物だと思います。何十回だって言います。遊技しにくい遊技機なんてクソだ。なぜなら遊技機なのだから。

      ホールだけを見てやってしまったのかな。それはそれで構わないんですけど、「トンチキなデザインだから買わない」と言われる可能性を考えなかったんですかね・・・。

  2. まさ より:

    いやいや、私は享楽のビッグ・サプライズ枠を推しますね。
    でかすぎてサプライズ感が全く無く、シュッコシュッコウザい動きをするボタン。
    下皿の玉を取らせないようにくっつけた謎のアクリル。
    あの枠をデザインした人間には是非転職をおすすめしたい。

    • あの動きって自動車のピストンをイメージしてるんですかね。それともセックス? 「過ぎたるは及ばざるがごとし」という言葉をプレゼントしたいですね。

      >下皿の玉を取らせないようにくっつけた謎のアクリル
      これ!
      これ!
      おそらくテストの時に玉がこぼれまくったんだと思いますよ。今さら金型を変えられないから後付けした、みたいな。実際のところは分かりませんけど。

      京楽の枠って、裏パックを上下で分割したらトラブル多発したとか、下皿満タンスイッチが暴走したとか、貸玉と返却が左右逆に付いていたりとか。基本的に何か「やらかす」イメージ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

倖田來未5は悪くない

船橋のパラッツォで打ちました。すごい「」で財布の中がパラッツォになっちゃうよって感じ。 &nb

記事を読む

ぱちんこ水戸黄門3

まとめサイト見てたら大当りしててビビった。   とりあえず、小梅太夫や波田陽区に似

記事を読む

no image

馬鹿台なればこそ

フルーツパンチ。 確かに全く稼働しなかったけど、ああ、こういうことやりたかったんだろうなって、

記事を読む

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を8年以上続ける。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑