目の付け所がシャープじゃないのは誰だったんだって話だ

公開日: : 経済 Comment(2)

2億円の赤字予想だった経常利益なのに、経営を台湾企業に任せたら、いきなり99億円の黒字になった。

シャープ幹部も「戴社長は各事業について事業部の専門家以上の話ができる」と舌を巻く。事業部長が気付かないことを指摘して他事業との連携を指示することもある。

ソース→【Yahooニュース

スポンサーリンク

これって結局、日本の技術は死んでおらず、死んでるのは経営幹部の管理能力なんじゃないかと。

Google ad

Comment

  1. 白髭 より:

    思わず吹き出しますな。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

現代の3億円事件か・・・

福岡のみずほ銀行前で奪われた3億8000万円。 東京足立区の29歳のサラリーマンが、福岡の銀行

記事を読む

タバコの煙は嫌いだけどタバコ禁止には反対する

たばこ吸わないんだけど、完全にたばこ禁止になると、今まで喫煙者が好き好んで課税してくれていたたば

記事を読む

てんやで豪遊

てんやってロイヤルホストグループだったのね!Σ( ̄◇ ̄;)   500円分の株主優

記事を読む

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑