目の付け所がシャープじゃないのは誰だったんだって話だ

公開日: : 経済 Comment(2)

2億円の赤字予想だった経常利益なのに、経営を台湾企業に任せたら、いきなり99億円の黒字になった。

シャープ幹部も「戴社長は各事業について事業部の専門家以上の話ができる」と舌を巻く。事業部長が気付かないことを指摘して他事業との連携を指示することもある。

ソース→【Yahooニュース

  スポンサーリンク
 

これって結局、日本の技術は死んでおらず、死んでるのは経営幹部の管理能力なんじゃないかと。

Comment

  1. 白髭 より:

    思わず吹き出しますな。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

カフェ別コーヒー一杯のお値段

コーヒー1杯価格メモ! 喫茶店探しに使えるよ^ ^ pic.twitter.com/gfAfd

記事を読む

ステーキ食べようと思ったら

ケネディ、潰れてた(汗) 貼り紙 ランチで2回ほど行きました。 蒲田東口にある

記事を読む

できない病にかかってない?

「○○だからできない」ではなくて「どうすればできるのか?」知恵を出すのがあなたの仕事!

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑