メーカーは必ず甘い機械を作る

公開日: : パチンコ, メーカー, 業界ネタ Comment(0)

メーカーは必ず甘い機械を作るから、役比モニタや釘シートの厳格運用が始まったら、等価交換じゃ営業できなくなるよ・・・というお話をエイプリルフールネタに書きました。

「そんなに甘い機械ばかり作るはずないしw」と考える方は、以下3つの質問に答えてみてください。

 

抜く機械と出す機械、稼働しやすいのはどっち?

あなたが開発者だったら自分の機械を稼働させたい? 稼働させたくない?

あなたが開発者だったら自分の機械を辛くする? 甘くする?

スポンサーリンク

 

まあ、そういうこっちゃ。

 

普通に考えれば、出してる機械は抜く機械より稼働しやすい。だからみんな、海物語や牙狼、北斗は初週に甘く使うわけでしょ? 開発者だったら自分の機械も甘く使ってほしいよ。稼働すれば社内の評価は高まるし、何より嬉しいし。

釘調整をできない、出荷時の釘で運用されるとなったら、少なくとも私なら甘い設計にするね。稼働する可能性を少しでも高めるために

 

ホールの利益? いやいや、甘いのを分かって買ってるわけでしょ? 甘いのを分かってなかったなら、会社の経費を使って買うのに、そんな基本的なことも考えないのかって話だよ。

 

というわけで今後、機械はどんどん甘くなるはずです。もうすでに釘シート通りだと甘くて使えないホールは、かなり早い段階で不正改造(無承認変更の釘調整)に手を染めるしかなくなる・・・のではないかと。

Google ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昨日のキコーナ蒲田はすごかった

日曜日に北斗無双祭とかビビるわw   あ、もちろんイベントじゃないです

記事を読む

3ヶ月で100機種の次は?

40分1万円を目安に100機種打ったのは2月頃までの話。 今度は機種を絞り込み、長く打ってみよ

記事を読む

店「古い台を大切に使うやでー」 警察「はい営業停止」

警察「お、古い海物語やんけ」 店長「8年前の機械ですが大切に使ってます!」 警察「・・・

記事を読む

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑