必ず殺すマン

公開日: : ガチ打ち, パチンコ, ホール, メーカー Comment(0)

立派なイチモツを備えた、新しい必殺仕事人。業界の悪党を処理してほしいものですね。

 

こんなところにビックリマークが。気づかなかったわ。

  スポンサーリンク
 

全国的にすごく甘いらしい。以前にも書きましたけど、初日は出荷釘で営業するホールが増えた以上、開発者として、辛いスペックを作る意味がない。

開発者は念願の「ホールに俺の台を甘く使わせる」という武器を手にしたわけだ。初日からぶっ飛びを避けるためにも、社内評価を上げるためにも、甘いスペックで作るわ。

甘くて使えないと釘を叩けばお縄になる。「甘くて使えないと分かってて買ったお前が悪い」となる。BtoBである以上、知らないは通らない。

うっかり閉めれば客から通報される。

すごい時代です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

等価脱等価

昔、等価の流れに反対してたホールほど、 今、脱等価に反対してる気がする。

記事を読む

333の強さは333だけを見ても分からない(note記事に追記)

https://twitter.com/epachinko/status/1010045597649

記事を読む

1回転で当った

最近多いな、甘デジのオスイチ。 何年もなかったかと思えば、こんな時期もある。 でもミドルでは

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑