SANKYOの病理なのか?

公開日: : メーカー Comment(6)

エヴァ11のこれさ。

長押しすると必ず真ん中で止まるんだけど、突破することあんの?

5回くらい連続で真ん中止まりだったから、もう最近は押してない。突破して発展したところで通常図柄なんだし、苛立つだけだから。

  スポンサーリンク
 

あとこれ。

アスカ可愛いね。

いや、アスカは可愛いのだけれど、重要なのは、こっち。

ほぼほぼネルフマーク(カス)で止まるルーレット。マリで止まってもレイで止まっても、そのキャラのリーチへ行くわけじゃない。一体何なんだ?

 

この2つに、SANKYOの病理が凝縮されてると感じた。

滅多に成立しないけど、成立してもクソ

つまり「客をスカす」。

こんなの嫌われるだけだと思うんだけど、SANKYOは大好きだよね。

でもおそらく、彼らは何とも思ってないよ。指摘したところで、お前は何を言ってるんだと、デカいハテナマークを返されるはずだ。

 

この系譜は初代エヴァまで遡るのよ。会話予告でボタンを押したら「・・・・・・」ってあったじゃん。あれよあれ。何か喋れよ!ってやつ。SANKYOは10年以上も同じようなことやってんだな。

こういうことを続けるメーカーは共通していて、作り手の認識とファンの認識が乖離しているという特徴を持つ。

 

作り手「ファンはこれをハイワロだとすぐに認識するはず」

ファン「なんやこれハイワロなの?? 苛立つわぁ」

 

ハイワロとは「ハイハイワロスワロス(笑う笑う)」の略で、どうせダメなんでしょと冷笑を浴びせるネット用語です。クソ予告、クソリーチを嘲笑う感じ。

何年もかけて開発する作り手は、ハイワロに抵抗がなくなる。客だってハイワロにいちいち反応しないだろうと、タカをくくる。

一方のファンは、それがハイワロだと知らされていないから、そのまま受け取り、苛立つ。

この差よ。

会話予告とステップアップ予告の同時お喋りもそうだね。エヴァ11における負の特徴。他メーカー開発者が鼻で笑った、アレよ。

声がかぶって聞き取れないんだから、悪い印象になりこそすれ、良い印象を持つわけない。

でもSANKYOはそれをやった。看板のエヴァでやった。

まず間違いなく社内評価でも指摘されたはずなのに、製品化してしまった。予告フローの組み立てやバランス、そしておそらく時間的な都合でそうするしかなかったのだろうけど、打ち手には関係ないわ。

 

結局、自分たちの演出は理解されるはずだという、ファンレベルに対する一種の甘えがあるんじゃないかな。

その甘えを「プロのプライド」と誤認した人が出世すると、企業体質として染み付き、泥沼から抜けられなくなる。

SANKYOはそこまで酷くはないと思うけど、生まれてくる機械が一律低稼働なのを見ると、色々と邪推してしまうわね。

たかだか一機種を打っただけなので断定はできないし、エヴァ11って稼働したんだよね、確か。

稼働したんなら正義なわけで、パチンカスの繰り言としてスルーしていただければと思います。

ただ、声のかぶりは何とかした方がいいと思うよ、さすがに。興ざめするし、キャラに対して失礼ですから。

 

・・・ああ、夜中3時にスマホで長文作成とかアホか。寝ろよもう_| ̄|○

Comment

  1. aflo より:

    エヴァ11稼働最低ランクでしょ
    出すたび劣化、悪化してる

  2. ためいき より:

    スロットバジリスクⅡはキャラが喋った状態で
    次ゲームに回しても、演出上問題無ければ
    キャンセルされずに話し続けていて
    感心したのを思い出しました

    • パチスロはあまり打ちませんけど、ユニバのパチスロはなにかと感心することが多いです。もうちょっとパチンコにも力を入れてくれたらなぁ。

  3. 平和(パチメーカーの方の)厨 より:

    いつ頃からかリーチ成立に、もうひと演出挟む台が急に増えた印象がありますね。。
    >滅多に成立しないけど、成立してもクソ。
    大好きな平和機種でもホントこれ(と無駄に増えた保留変化)だけは
    共通して許せないポイントですね。
    いつか改善される事を願って毎回新台導入後の打―Win内アンケで必ず意見してますが…

    平和に限らず版権モノの多くはさらに〇○を撃退できればリーチに発展!とかで

    散々煽るが成立しない → ヘイト
    (つまり画面上でうわーっとやられる主人公)→ ヘイトの上乗せ

    ようやく成立してもハイワロ級 → さらに上乗せ

    この流れで許す事ができる台はバカ演出満載だった奥村の南国麻雀と、
    外れ後にサトエリ・小池栄子らが毎回謝る京楽のイエキャブぐらいですよ
    ※そもそも両機種とも過剰な煽りの無かった台ですが(^^;

    • >打―Win内アンケで必ず意見してます
      平和はアンケートをどういう風に使ってるんだろう。一般的にはマーケティング担当者が集計し、届けます。

      どことは言いませんが某メーカーは、「自分が正しかった証拠」として一部をピックアップしたり、企画書を通すためのネタとして「ファンはこれを求めてる」と一部を利用するだけ・・・らしい。

      厳しい意見は開発者まで通りにくい。なぜなら担当者にとってSISで結果の出た機械は「終わった機械」だから。苦言をしっかり意識して糧にできるかどうかは、担当者の人格に寄るところが大きいみたいです。

      私はこれが気に入らない。ファンの善意に甘え、意見を簡単に求め、そのくせ都合よくピックアップする。その上でクソ台を連発する。超、気に入らないです。

      パチンコ業界は、ファンの意見をもっと聞くべきだ。アリバイ程度に聞いたり、都合よくピックアップするのではなく、真剣に聞けよと。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

んなこと知ってるよw

メーカーで講演やディスカッション、調査報告会をやる際、問題になるのが知識量の壁。 こちらが気づいた

記事を読む

メーカーやホールの社長さんへ

これからお伝えするのは、店長からバイトまで、そして日本中全ての客が見慣れた光景です。ほとんどの社長さ

記事を読む

no image

な? 玉の動きって面白いだろ?(ドヤァ

パチンコは液晶じゃなくアナログで勝負しなきゃいけないんだとよく分かる動画。  

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑