テレビ局は支配できないけれど

公開日: : 社会 Comment(0)

複数のテレビ局を支配して同じ思想を発信するのは極めて困難だけど、複数のテレビ局から報道番組制作を受注すれば可能となる・・・。思想の右左や民族関連のヘイトを除き、ちょっとこのリンク先を見てほしいです。正直、頭いいなと思った。こうすればいいのかと。

ソース→【もえるあじあ

  スポンサーリンク
 

 

Facebookにも書きましたけど、これは知りませんでした。なんで局が違うのに同じ論調だったり、●●が流行してると同時に伝えたり、同じ仕込みの「街の声インタビュー」を流したりするのか、ずっと疑問でした。なるほど、局は違えど、作ってるところが同じなわけですね。

これ、危険じゃないですか? 複数の放送局が同じ人達へ思想を預けてしまったら、独立性の放棄につながります。同じ会社が作るなら、民放を減らしてもいいですよね。電波を他の会社へ開放したほうが良いのではないか。

報道番組を外注してるくせに「日本の報道自由度は世界で最低レベル!」なんて、よく言えたもんだなと思います。それなら最低限、自分たちの頭で考え、自分たちで作れよと言いたいな。

Google ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

こういうパチンコ屋さんがあってもいいよね

こんど京都にオープンするスタバ、素晴らしいローカライズだなhttps://t.co/3trzeO

記事を読む

no image

人材じゃなくて人財になれってゆーじゃん?

ポスターの左上を見ると2014年。 残念だが右のキミ。 2017年はそれをやると、忖度したと

記事を読む

no image

ネットの怖さと自浄作用 セブンイレブンカニカママヨネーズおにぎり

この人のコメントがカッコよすぎるし、もし本当にイタズラでセブンのカニカママヨネーズ販売中止になっ

記事を読む

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑