ネットの怖さと自浄作用 セブンイレブンカニカママヨネーズおにぎり

公開日: : 政治・社会 Comment(0)

ツイッタラー、7-11のおにぎりに虫が入っていたとツイート

写真に開封した痕跡があるよと反撃を喰らう

弁当工場で働いてた人間からありえないと反撃を喰らう

昆虫にくわしい人まで参戦し反撃を喰らう

業務妨害罪で訴えられるぞと指摘される

ツイッタラー、アカウントを削除して逃走

ツイッタラーを擁護していた人へ飛び火

擁護していた人、アカウントに鍵をかけて逃走

捏造なのか、本当に混入していたのかは分かりませんけど、ネットの妙なバランス感覚は面白いなと思います。そういえばかつての2ちゃんねるも、変な自浄作用がありましたね。炎上しても嘘だと見抜く人が出てきて、いつの間にか逆炎上したり。

 

  スポンサーリンク
 

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

阿蘇山大噴火

https://twitter.com/epachinko/status/1044603948735

記事を読む

珍しい名前の人数

https://twitter.com/epachinko/status/1044291007859

記事を読む

左翼←リベラル←ノンポリ→ネトウヨ→右翼

https://twitter.com/epachinko/status/1044296016348

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑