生き方と死に方を選ぶ権利

公開日: : 社会 Comment(4)

「死ぬ権利」と「安楽死施設」を求めたい私としては、このツイートに対する反応に戸惑いを覚えます。

 

業務停止命令を受けたこの医者の是非は別として。化学療法をやり尽くしたあと、わらにもすがる思いでたどり着く場所は、否定しちゃいけないと思うんだよね。

もしも私が余命数ヶ月であったなら。泣きながら病室の天井を眺めて死ぬよりも、アホ臭くても小さな希望を持って死にたい。そこは詐欺やオカルトの跋扈する犯罪まみれな世界だとしても、私は鍵穴を押す。「あんたインチキでしょ」と言いながら、俺もバカだねと笑いながら、金を払うんじゃないかな。

 

あ、犯罪幇助じゃないからね。

詐欺はダメですよ。

そして他人にはお勧めできない個人意見ですからね。

最近は注釈入れないと個人意見も書けない(;-`ω´-)

 

Comment

  1. いんちきパチプ より:

    87%が死ぬ→諦める
    13%が生き残れる→なんとかなりそうな気がする・・・

    ってなもんで、人は(特に日本人は)数字や期待値に弱くてある意味楽観的なんじゃないかと思います
    だからこそ最後まで希望を信じて、はたから見れば無駄で無理なことも行ってしまうのではないのかなと
    スッパリ諦めて残りの人生をどうにかしようとしてた方が潔くて素敵に見えるんですけどねぇ
    でも自分のことになったら変わるのでしょうか・・・

    まぁとにかくそこにつけこむような輩が一番悪ではありますな
    でも作り話ではありますが「チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮」のような形であればそれは一つの救いのような気もします

    あくまで作り話ではありますがね

    • その一方で、うちの父の姿が忘れられない。生への執着が強そうだったのに、もう手段がないと告げたあと、肩を落として「そうか・・・」と呟いた。以降、延命治療を打ち切り、痛みの緩和のみを行いました。

      もしも家族から告げられたら、私も諦めるかもしれない。これは正解なんてないよなぁ(´・ω・`)

  2. Marin より:

    件の広告マンガは、水素水が出ている段階でアウトですね、この時点でオカルト化
    医療行為から逸脱しているので批判は当然だと思います
    パチンコのオカルトと同列に語るのはマズイですよ

    • さすがにパチンコのオカルトと同列にするつもりはないです。と同時に、この医療機関の質をどうこういう話でもない。自分の命がかかった局面での考え、です。

      誰かへ水素水をすすめることはないけれど、もし自分が余命数ヶ月だったとしたら、効かないと思っていても試してしまうかも・・・そんな話です(´・ω・`)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

あるある!と思ったらアラフォー以上

その昔、カセットデッキのイジェクト機構の違い(イメージ) とりあえず押していた… pic.tw

記事を読む

信長・秀吉・家康

戦国乙女の話じゃなくてね。 他業種の経営コンサルタントとパチンコの話をしていたら、なぜか戦国大

記事を読む

no image

こういう人って「嫁だから何を言っても許される」と思ってるわけでしょ

新婚ちゃんの愚痴を聞いてるんだけど、いただきますごちそうさまも無く第一声が料理のダメ出しだという

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑