なんで評価が好きなのか、分かった

公開日: : 個人ネタ Comment(0)

最初に何かを評価したのは小学4年生の頃。当時マイコンと呼ばれていた、8ビットパソコンのカタログを集め始めた時。

最優秀はソニーのSMC777。MSX部門では、日立の・・・なんだったかな、持ち運ぶための取っ手がついたH1だかH2だかいうマシンを最優秀とした。

 

良いパソコン悪いパソコン。間違いだらけのクルマ選び。そういうものを読みながら、プロの価値観に対してさえもジャッジした。

なるほどそうなの。でもそれは間違ってるよ。理由は、僕がそう思わないから、と。

嫌なガキだw

  スポンサーリンク
 

私はずっと、自分の価値観に自信を持ちつつ、自分の存在へは不安を抱えていた。歪んだ自己愛により、他者との関係を構築できなかったから。

当たり前だ。他人の価値観を小馬鹿にするデブと、友達になりたい奴はいないだろう。

 

なんで自分は孤独なのか分からない。それが、20年続いた。

新台レポートにせよ、イマルネットでのバトルにせよ、ブログ炎上の日々にせよ、私はずっと、自身の価値観を世に問いたかったのだ

 

その本質は、現実とのズレを容認できない、他者の価値観を許せぬ子供じみた自己愛にある。根本は10歳から変わっていなかったのだろう。

私にとって評価することは、すなわち、自身の価値観を補強し、脆弱な精神を支える行動だったのだ。間違ってない、自分は間違っていないのだと。

肥大した自己愛と直結しているのだから、そりゃ好きになるよね。

 

ただ、ここ数ヶ月。パチンコ台への評価は、明らかに変わってきている。楽しさを追い始めた。面白さの仕組みに感動するようになった。

現実と折り合いを付けられたのかは分からないけれど、最も大好きなパチンコとの関係が変化した以上、他のことへも波及していくだろう。

  

自身と現実のズレが許せない。その怒りがボンペイ吉田を生み、新台レポートを生み、ブログ、セミナー、ミステリーショッパーを続ける原動力となった。

私はこれからも怒り続けるのだろうか。それとも現実に対して何かしらの折り合いを付けるのだろうか。それはまだ分からないけれど、眠くなったので寝る。

 

丸一時間もスマホで長文、イクナイ。

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雨上がり散歩隊

この時間からの洗濯は厳しいので、散歩してみる。 おお、いい具合に背景がボケてくれた。これでパチ

記事を読む

no image

何色に見える?

白金青黒ドレス問題再発。 人によって白×ピンクに見えるか、青緑×グレーに見えるかで分かれるらし

記事を読む

最近買って感動的に良かった物

良すぎてもうコイツなしでは生きられない。 左から、音波歯ブラシ、スマホ用バッテリー、ス

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑