自分を常に楽しませてくれないあいつは許さない

公開日: : 社会 Comment(0)


GLAYの人の話だね、これ。

ゲームの話をツイートしていたら、そのゲームを知らないファンから「やめろ」の大合唱だったと。業界は違うけど、うちのブログもかつて似た部分があって。「そんな事を言う人とは思わなかった」とか、「そういうネタは吉田さんらしくないですよ」みたいなこと、すげぇ言われた。

  スポンサーリンク
 

SNSの発展で、相手を一人の人間として扱えず、「自分を常に楽しませてくれる生き物」と考える人が増えた。ちょっとでも不快に感じると、自分にマッチした記事を書くよう求める。口を開けてるだけなのに、自分好みのエサを放り込んでくれないと激怒する。閲覧を止めるという方向へは行かない。

発信する側も、日本人のサービス精神ゆえか、公式アカウントの悲しさか、人気を気にするあまり「嫌なら見るな」と言えない。また、自称ファン達も厳しいことを言われ慣れてない。そこに真のコミュニケーションは成立しないと思うんだがな。

 

なおGLAYの人。

アカウントを分けてから楽しそうw

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

あるある!と思ったらアラフォー以上

その昔、カセットデッキのイジェクト機構の違い(イメージ) とりあえず押していた… pic.tw

記事を読む

信長・秀吉・家康

戦国乙女の話じゃなくてね。 他業種の経営コンサルタントとパチンコの話をしていたら、なぜか戦国大

記事を読む

no image

こういう人って「嫁だから何を言っても許される」と思ってるわけでしょ

新婚ちゃんの愚痴を聞いてるんだけど、いただきますごちそうさまも無く第一声が料理のダメ出しだという

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑