一気に書き切る限界

公開日: : 最終更新日:2017/07/16 お仕事 Comment(0)

日々、ブログやらフェイスブックやらへ文章を垂れ流しております。「一気に書き切る」というのはなかなか難しいことでして。私は800文字くらいで壁にぶつかります。800文字を超えるようだと、大体、収拾の付かない駄文になっちゃう。そう考えると小説家ってすげぇよなぁ。

  スポンサーリンク
 

ここ2ヶ月ほどで打った機械について、一機種ごとに感想を書いてるんですけど、作ったレイアウトだと大体1,000文字くらいなんですよ。一気に書き切れないんだね。見事に200文字分くらいの空白が開いてしまう。

 

同じ仕事をするからこそ見える、自分の限界値。それは突破すべきものなのか、つきあって利用すべきものなのか。日曜の朝っぱらから悩んでおりますよ。

 

・・・うそ。これ予約投稿。まだ寝てる!(゚∀゚)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

消えるクリエイターの共通点

いんちきパチプさんへ 教えていただいたTwitterまとめが心に刺さったので、レスを兼ねて長文を書

記事を読む

no image

今日は上野、秋葉原

高尾、平和の新台を見た後、秋葉原でノートPCを探す。 気温30度。ユニクロのエアリズムインナーでか

記事を読む

開発職の方へ

お、無想転生。 予告からいきなり無双転生の気持ちよさですよ(゚∀゚) 当

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑