芥川賞作を読んでみる

公開日: : 個人ネタ Comment(0)

思えば私は、直木賞や芥川賞を受賞した作品を読んだことがない。読む速度が常人離れした遅さだから、どうしても手に取れなかった。ラノベ一冊に5日かけたりするしね。

本屋で見つけたこの作品。

作者には申し訳ないけど、薄い、という理由のみで買ってみた。

さあ、これを読むことで、私はどんな衝撃を受けるのだろうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャバクラに来る痛い客のLINE

色んな意見を参考に、「夜のお店に来る痛いお客の文体」が完成されつつある。 pic.twitter

記事を読む

no image

なんだこれ聖遺物かよ

今年のセンター世界史で満点を取った生徒の「東進一問一答」。もはや原形をとどめず、凄まじいオーラを

記事を読む

no image

メモ

オリジナリティとは、元ネタの分からないパクりである。 バレたら負け。

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑