モス読書

公開日: : 個人ネタ, 飲食 Comment(0)

都会のハンバーガーショップと異なり、田舎のバイパスにある小さなお店はドライブスルー中心で、店内は意外と空いていたりする。

コミケ帰りの妹と交換所を交代し、買ったばかりの芥川賞作品を手に、そんなハンバーガーショップへとやってきた。

濃い目に淹れた熱い紅茶。これに冷水を10ccほど差し込む。赤銅色に揺れる水面からは、鼻孔をくすぐる若いアッサムリーフの香りが立ち上った。

大網に住んでいた時分、ポンペイ吉田お気に入りの読書時間だった。

・・・あー、ダメだ。書いててウザい(‘A`)

お湯の量が少ないから水で量を増やす貧乏根性だよアホか。何がアッサムだ。リプトンの黄色いやつだよアホか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ボンペイ吉田の切れ味

2007年あたりのブログ記事や小説を読むと、こいつは誰やねん!?と驚く切れ味を持っていたりする。完全

記事を読む

バケツグラタン

バケツプリンならぬバケツグラタン。 ・・・て、さすがにちょっと盛った。 バケツは嘘。 そんなグ

記事を読む

今はひたすら、心のままに

実家の方で色々ありまして。 それを受け、今年のうちに多くのインプットをしておこうと旅に出て、抱えて

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑