御巣鷹山の事故から32年

公開日: : 社会 Comment(3)

あのJAL123便墜落事故と同じ日、同じ目的地、同じ出発時刻の飛行機が、同じような場所で、同じようなトラブルに見舞われた。

偶然とはいえ、パイロットも関係者も乗客も、同じことを思ったのではないか。

  スポンサーリンク
 

一度とんでもない揺れと降下を体験した。機内からは悲鳴や鳴き声も聞こえたけど、それでも酸素マスクは出てこなかった。

ほんと、事故にならずよかったよ。

Comment

  1. りょうが より:

    空飛ぶ密室。
    1つの事態がとんでもないことになる。
    飛行機って、便利だし、今じゃ、鉄道や、フェリー、バスのように当たり前に活躍してますが、
    個人的には、やっぱりこわいです。

    今回の事故といいますか、トラブルはほんと何もなくて良かったです。

  2. 北の国から より:

    あの事故の教訓は色々生きています。当時、事故直後には世界各地のエアラインパイロットが「自分がこの局面に遭遇したら、何が出来るだろう?」と、シミュレーターで練習したそうです。4年後、その経験を持ったパイロットが操縦するDC-10が同じように油圧を完全に失った状態になる。シミュレーターで経験した知見を元に遮二無二になんとか空港に辿り着くも、油圧なしの能動操作不能の機体は、着陸に失敗。ただし、緊急着陸の予定を受けて消防隊がある程度配備されていたので、炎上は二時間に及んだが、逆に二時間。乗員乗客296人のうち112人が死亡。
    …結果はパーフェクトウィンじゃないです。ただこのときのパイロット達が当時、日航機事故の報を受けてのシミュレーターをやっていなかったら、何が起こっていた? 恐らく全失でしょうね。油圧ゼロの機体を操縦する経験なんて、近現代ジェット機でやったことある人のほうが少ないんですから、空に浮かせていることをできただけ(123便のクルーも含めて)立派なんですね。

    このような危機管理意識を持っている人が、パイロットを努めています。別に自分の執務時間だ何だを気にしないで、自分の仕事を安全にこなすためにアンテナ立てている人たちの集団だと思います。

    今回の件も、乗客の方々は当たり前でしょうけど、クルーの面々も「なんでこの日に…」と思ったんじゃないですかね。目撃や報告事象でも日航機事故を類推させるような事象があれこれ起きていますし。そんな中ではよく対処したクルーの皆様は凄い。

    ってなわけで僕は、概ねで飛行機を信頼していますよ。日本の会社の、ね(苦笑 再発防止を会社の仕組みだけじゃなくって、従業員(=パイロットやクルー)が自分たちでも考える集団ですから。

  3. 平和(パチメーカーの方の)厨 より:

    上空で何か事故が発生した際に、その密室空間ごと飛行機から丸っとパージして
    不時着させるような構想(ようは巨大な脱出装置)もあるみたいなニュースを
    以前読んだ事あります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

四倉PAで仮眠 そこに設置されているもの

睡魔さん来たので、四倉PAで1時間ほど仮眠。 ブリ刺し身定食1000円というのが気になるけど、ガマ

記事を読む

おおお、とんでもねえ雨だ

新橋で宇都宮線へ乗り換える際、とてつもない雷雨に見舞われてます。誰だよ今年の夏は酷暑快晴だと言ってた

記事を読む

no image

しかたないね

サッカーのコロンビア代表のハメス・ロドリゲスが6年半連れ添った妻と離婚。その原因となったのがロシ

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑