24時間テレビなぁ

公開日: : 個人ネタ Comment(11)

見てないから分からないけど、今年も荒れてるね。

・何のためか分からないマラソン。今年は距離を倍にしてみた

・小児ぜんそくの子供をムリヤリ泳がせてスタジオ感動

・熱湯風呂に告白と、スーパージョッキー&ねるとん紅鯨団化

・番組終了時点で集まったお金は昨年の半分

  スポンサーリンク
 

まあ、感動ポルノと言われて久しい24時間テレビ。私も子供の頃は「見なきゃ!」という使命感を持っていました。親から徹夜を許される高揚感もあったな。

ところが、多くの人と同様、芸能人達は多額のギャラを貰っていると知りドン引き。全国のチャリティースタッフも1000円以上の時給を得ていると知りドン引き。それでいて障害者にはノーギャラで出演交渉してると知りドン引き。3連ドン引きちゃんでBIGボーナスです。

 

 

 

 

ただ、幼少期に得た「募金しなきゃ」という感覚は成人してからも残りました。震災時には日本赤十字や国境なき医師団を通じて募金しますし、今は毎月1000円だけ、日本財団の子供サポートプロジェクトに参加しています。自分は子供を持つことができそうもないから、不幸な子供を減らす募金をしたいと決めた。

もらったシールをノートPCに貼ったら、「それ何?」と聞かれ、支援の輪が広がったこともあります(*゚ー゚*)

生涯独身になりそうな人へオススメ→【日本財団

 

そういう意味で24時間テレビは有用だったのかもね。

愛は地球を救うかもしれないけど、愛で地球は救えない。

金を送るなら、目的別に吟味して送ろう

 

あ、そうそう、24時間テレビね。

障害者を利用した番組制作は健常者の精神的な娯楽である面が強いと感じる。24時間という時間と、募金で集まる以上の制作費をかけるのだから、困難を乗り越えさせるのではなく、困難を感じさせない社会作り、困難に陥らない社会作りへの提言を行えないだろうか

また、出演する障害者へは、出演する芸能人と同程度のギャラを支払うべきと考える。芸能人だけでは成立しない、障害者を担ぎ出さねば成立しない番組なのだから。

 

 

Comment

  1. 北の業界人 より:

    アイドルがMCすることで「愛は地球を救う」のではなく、「アイ(ドル)で自分が潤う(眼福的な)」んでしょうな。
    だって、通常30分から1時間の番組でしか視られないのに24時間とは言わないが、相当な時間視てられるもの。
    しかも、推しメンがピンで抜かれっぱなしなら尚の事。

    てことで、自分は毎年完全スルーの番組ですが今年の結果として募金が圧倒的に少なかったのはネット募金に不具合があったからとかなんとか。
    そして毎度良く分からない耐久マラソンですが、局関係者は何故か手応えを得たようですw
    goo.gl/YFdMiF

  2. まさ より:

    だってあいつら一円も持ち出ししないじゃん

  3. オレンジ より:

    こういう独善的な番組はだいっ嫌いですけど、
    今回視聴率は良かったみたいですねぇー。
    色々ネガティブな情報回ってきて見てますけど、
    それでもまだまだテレビっ子な人間はこういうのが好きなようで。

  4. 別スレの13 より:

    批判する人多いけどワシは好きやねん。
    いつも呑み屋で友達と肩組んでサライ歌うww

    粗探せばなんでも粗は出て来るけどノーギャラで出てる
    障害者の子も何かを達成して次に繋がってるん違うの?
    ギャラの話は分からんけど一つのエンターてぃめんととしては
    偏向報道の変なドキュメンタリーより最高に良いと思うわ。

    • もう40年やってるわけで、エンタテインメントとしては大成功だと思いますね。
      ただ、「エンタテインメントなのにチャリティやボランティアと言って金集めすること」に対して嫌らしさを感じるんじゃないかなと。

  5. MAZDA より:

    この番組の意義みたいなもの、全く無いという訳ではないと思います。番組を観て障害などに対して知識を得るって事あるかもですし、募金も額は減ってきたけど、ある程度は集められる力はまだあるんじゃないかなと。。

    …とはいえ、今のやり方だと24時間もいらんなぁって思います。ダレます(^^;;

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

先日買った富士通ゼネラルのエアコン ネットで価格を調べてみた

近所のノジマへ行ってみたら、取り付け工事込みで30万円近かった。 コジマ電機ネットショップでも

記事を読む

no image

いびき対策新兵器 抱きまくり枕

睡眠時無呼吸症候群にはなりたくないので、少しでもイビキの書かない寝方を試しています。 舌の奥が喉へ

記事を読む

no image

引っ越しの総仕上げ

管理組合へ提出する書類を書いたり、銀行のオンライン手続きをしたり、電話線の工事を受け入れたり、なんか

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑