誤字脱字の指摘

公開日: : 個人ネタ, 社会 Comment(0)

ブログでは昔、誤字脱字を散々指摘されました。でもある時期からパタッとなくなるのね。これは、ツイッターやフェイスブックといったSNSがブームとなり、定着する時期と符合する。

今まで指摘していた人も、自分が発信側となる。当然、誤字脱字を繰り返し指摘される。そうなれば他人への指摘を止めますわな。指摘されるうっとうしさを知るから。

「誤字脱字はケシカラン」というのは正しい意見かもしれない。でも当事者になってみると違う側面を持つ。

  スポンサーリンク
 

これをブログで考えるとだ。

スロ専とはいえコンサルを経験し、開発者の友人も増え、やるべきことと出来ないことの狭間を知ることで、私のブログは切れ味を失っていったんだろうなと思う。

そうなった場合の突破口は二つあって。自分のことを棚に上げて批判を繰り返すか、一旦言葉をしまって次の段階の切り口を繰り出すか。後者でありたいと思うのだけれど、なかなか難しいね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小池新党への流れは止まらない

民進党の松原仁、離党するってΣ( ̄◇ ̄;) ソース→【産経新聞】 細野豪志、松原仁、長島

記事を読む

稲川淳二の怪談ナイト 秋の夜の怖い話

今年もやってまいりました! 友人にチケットを取ってもらい、参加。あっという間の2時間でした。 俺

記事を読む

no image

コミュニケーション能力の正体

コミュ力を過剰に求める日本の採用活動。 でもたぶん「己の精神状態を問わず愛想笑いをできるか」だ

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑