大きいことは良いことだ

公開日: : ガチ打ち, パチンコ Comment(0)

かどうかは分からないけれど。

当時のフィーバーフェスティバルは、ドットの大きさに、まず驚かされたわけじゃん。

続編を作ろうと思ったら、連チャン云々より、驚かされた要素である「ドットの大きさ」にこそ解を求める。

  スポンサーリンク
 

稼働するかはともかくとして、アプローチとしては正しいよ。

 

てか、ドットやナナセグ、羽根モノを作ろうとしたとき、今の盤面は広すぎるんじゃねえかな。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

釘は曲がるもの 曲げるもの

パチンコ歴はそれなりに長い方だと思うんですけど、最も衝撃を受けた釘は、一発台でも10カウント時代のセ

記事を読む

シャカリーナ初打ち

https://twitter.com/epachinko/status/1052808071620

記事を読む

よし。ダイナマイト打つわ

https://twitter.com/epachinko/status/1052386132250

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑