初めての敗北感

公開日: : 最終更新日:2017/11/14 お仕事 Comment(1)

私、仕事のできる人を見て、敗北感を覚えたこと無いんです。

自分ならもっとできるし〜と自惚れるわけではなく、すっげーなー、かなわんわー、と、速攻で諦める。もしくは切り口を変えて自分だけのオリジナルにしちゃう。土俵に自分だけだから敵はいないw

新台レポートや、数百枚の文字スライドを展開するセミナーなんて、まさにこれよね。他にやってる人がいないから、敗北しない。

  スポンサーリンク
 

先日、2002年に書いた商売の企画書が出てきまして。今も使用する無料アウトラインプロセッサで作られた企画書、2通。

一つは、業界人がみんなでアイディアを持ち寄り、みんなで使用し、みんなで高稼働を実現し、みんなで業界を盛り上げるナレッジシステム。

もう一つは、新興宗教のポータルサイト、神様仏様ドットコム。伝統宗教から新興宗教まで、P-WORLDのようにポータル化し、比較検討できるようにする。同じフォーマットで他宗教を比較できるため、隣人を理解しやすく、最終的には世界平和をもたらす

 

( ゚д゚)ポカーン

 

マジかよこいつ。

 

15年前の私は、ここまでのスケールを持っていたんだ。

自分のためより全体のため、という思想と思考に彩られていた。

勝てない。これは勝てない。

普段なら「あの人と俺は別人だし」と受け流せるけど、2通の企画書を書いたのは別人ではなく、正真正銘ボンペイ吉田。

 

私は既に老化したのではないか。一人ではもう何も生み出せないのではないか。

新台レポート、ブログ、セミナーと、独自性を出してきた自負はあるけれど、もう終わりなのか。15年前の自分を倒せないのではないか。

いや、そんな勝ち負けの思考をする時点で負けているよね。個人より全体へ思いを巡らさねばならないんだ。もちろん生活を確保しつつ、だ。一人でできないならば、優秀な人と組めよと。

 

最近、死ぬほど落ち込んでいた原因の一つがこれです。

Comment

  1. 奥平剛士 より:

    まぁ、同じかどうかは分かりませんが、自分が20年前に書いた原稿(創作物)を読んで「やべー!天才がここにいる!」とか抜かしたことはあります。

    まぁ、自分で書いたものだから自分のツボに入っただけで、実際には大したことはないのでしょうけれども。

    若さは馬鹿さで、忖度のない広がりが今自分から失われたものかもしれません。
    しれません、が! 多分そんなことはない。
    常に過去より今の方が良い。そう思っております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

文中の広告を消せませんか? って言われた

消せますけどその分の広告収入をくださいって言ったら黙られてしまった。 やっぱ本質的にコミュ障だ

記事を読む

no image

いるんだよな 漫画みたいなチートキャラ

東大にいけば分かるけど、「高校時代は部活に打ち込んで、インターハイの一歩手前まで行った。受験は高

記事を読む

no image

なんでメーカーから仕事を取れるの?

何でメーカーから仕事を取れるの? と聞かれて困った。 取れるような仕事だから、としか答えようが

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑