ネギま!に限らないんだけど気になる点

公開日: : ガチ打ち, パチンコ, メーカー Comment(0)

教室ステージでネギ先生による生徒指名。まき絵(指名されず)→アキラ指名→わ、私ですか!?、で、ハズレ。

この時のまき絵は、指名されると「やっほー!」と喜ぶけどハズレ。指名されなくても次のアキラでハズレ。

最初の1万円程度では、アキラから先はほぼ見られない。

どっちもハズレ。

発展したところでハズレ。

発展してもしなくてもハズレ。

ならばその演出は、発生と同時に「ハズ確」なわけじゃん。

ステップアップ予告の2段階目と言われれば、まあ、その通りなんですけどね。SU2扱いならもう少し地味にしていただけると、キャラを嫌いにならずに済む。

  スポンサーリンク
 

のどかも同じ。予告で魔法の書を開けなかったらハズレ。開いて発展し、「ネギ先生とお話したいなー」と語ってもハズレ。

え、じゃあどうなればリーチになるの? と。

いいんちょも同じ。ドアオープンで登場するも、発展しなければハズレ。発展して小太郎に腹を殴られてもハズレ。これらの場合、演出そのものをハズ確と認識してしまう。

いいんちょは教室ステージでも、親愛なるネギ先生へプレゼントと言いながら、銅像を見せてハズレるから、ハズ確演出どころか、ハズ確キャラになってる。不憫すぎるやろ。

 

このパターンは主人公とヒロインにも及んでいて。

登校時にネギから告白?されるアスナ。

ネギ「僕のパートナーになってくれませんか?」→アスナ「はへ!?」→ハズレ

ネギ「あなた失恋の相が出ていますよ」→アスナ「取り消しなさいよ〜!」→ハズレ

初回1万円の遊技では、まず間違いなくこの二つしか見られない。つまりほぼ全ての客は、この演出、この二人をハズ確だと感じるはずだ。

主人公とヒロインををハズ確にされてしまったら、一体何を頼りに王道ルートを見つければよいのか。

せめて発展時にはリーチまで行ってくれれば、キャラを嫌わずに済むんだけどね。何でもかんでも発展させられないってんなら、信頼度の入口が多すぎるんじゃないかと。

  

ネギま!に限らず、発展してもドハズレなどん詰まり予告を多数搭載する機械は、打っていてツラい。やり込む魅力を発見する前に席を立ちたくなっちゃうんだよね。

発展どん詰まり予告に味方キャラを多用すると、ああ、キャラへの愛情は薄いなぁと感じてしまう。キャラへの愛情は客への愛情でしょ。

スマホからじゃ書ききれん。

【´・ω・`】

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

平和の百花繚乱2は稼働するぞ

あ、これ、絶対稼働するわ いただいた資料を見て稼働すると確信した……とか言ってなぁ。カイジ4で★×

記事を読む

メーカーさんに伝えたい

演出は 理解なくして 興奮なし   派手なだけじゃ興奮は長

記事を読む

いずれ設定付きパチンコだけになる

色々と言われてますし、現状は焼き直しだけれども。 割と早い時期に全て設定付きパチンコに置き換わ

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑