理解の遅さコンプレックス

公開日: : 最終更新日:2018/01/28 お仕事, ガチ打ち, パチンコ, ホール Comment(2)

贅沢は敵

一昨日は1625発、140回転ほどで確変を引いた。千円22回くらいだろうか。もう1回転欲しいところだったけど、勝負続行。すべて飲まれた。

しかし贅沢を言ったらキリがない。そもそもボーダーを超える台を簡単に打てるご時世ではないのだから。

まして昨日は、席を立ってる間にオバサンに座られたり、コインチェックのチェックメイトで40万円吹き飛んだりで、店を見て歩く気力を根こそぎ奪われていた。

あ、目ぇ瞑ってる。

クリスタルモードはなかなかデカ恐竜まで到達しないのよね。

細かい変化は色々と出ているのかもしれないけれど、勝負に徹するときは、ハッキリ言ってどうでもいい。回ることこそ正義。

・・・と粋がっているものの、実際は演出を覚えきれない、発見しきれないだけ。

脳のトロさゆえ残った、いらん子

演出なんてどうでもいい、回りさえすればいいなんて人間は、メーカーからもホールからも「いらん子」なのは間違いないのだろう。

しかしそれでも、四半世紀に渡る業界からの退場要請に抗ってでも、打ち続けてきた。

それゆえ細かい演出を把握するのに時間を要する。液晶なんてどうでもいいという姿勢で打ってるからね。

メーカーからの調査依頼も、10時間20時間と打たねば、まるっきり書けない。有り体に言えば、脳がトロい。だから逆に打ち込めるとも言うんだけど。

イマドキの子達なら数時間打てば理解できるんだろうなと思いつつ、今日も「演出よりスタート」と蒲田を徘徊する。

  スポンサーリンク
 

すぐに確信を見抜ける脳がほしい

思えばホール視察もそうだ。ストアコンパリゾン、通称ストコン。業界団体の人達は、ほんの数十分、店内を歩いただけで当該ホールの良い点悪い点を見切るらしい。私なんか何時間も打たなければ全くわからない。全然わからない。

こういう書き方をすると「嫌味か?」と怒られそうだけれど、脳の回転にコンプレックスを抱く私にとって、演出把握だろうとストコンだろうと、記憶・把握に長けた人は羨ましくて仕方ないのだ。

無職を貫いたワケ

・・・無職無職と言ってるけれど、アウトプットの枯渇感に悩まされていた私にとって、年単位のインプットは、どうしても必要だった

見抜けぬ目と、処理の遅い脳細胞に、時間をかけて情報を刷り込まねばならない。定職を抱えていてはやっていけない。

細かい部分をすぐに発見できる人、羨ましいです。

Comment

  1. りょうが より:

    今のパチンコ、スロットは凝りすぎなのは確かなんですよね。
    イベントあったころ、何か、ポイント集めて何ポイント以上貯まった方、お好きな台。

    大回転!

    とか、煽ってたなぁ(遠目
    今は、1k/20回回れば、回ってるって、錯覚してしまします。はい。
    あ。来週のアド町ック天国。蒲田だそうですね。
    見てみようかな。

    • おお、蒲田。ネタの宝庫ですよホント。

      「良いものを作りたい」とメーカーは言うんだけど、それで稼働しないんだから「君らの言う良いものの定義を改めてよ」と思うんですよ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今週は頑張った

今週は頑張ったぞお。 うえーい。 これでやっと新事業に取り組めるぜ。

記事を読む

no image

ニューピンボールP6 西陣・ソフィア

ちょっとこの動画、天釘狙って打ってない? ブッコミ狙えブッコミ。 まさに「ピン

記事を読む

俺の名は

俺の名を言ってみろwww これはなかなか(。-`ω´-)

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑