SANKYO赤字決算 そして役員の異動

公開日: : メーカー Comment(6)

SANKYO、赤字転落

何がどうなっても黒字を維持し続けるかと思いきや、ついに。

ソース→【SANKYO IR(PDFです)

 

役員も異動

ソース→【SANKYO IR(PDFです)

  スポンサーリンク
 

以下、PDFや画像とは一切関係ありません

 

とある人が某職位に就いた時、かなり胸躍ったんですよ。たまたま会った秋葉原の某店前で、「ファフナーって最高だよな!」とか言う人なんだもん。子供のような、キラッキラな目で語るの。確かに最高だな、むしろこの人最高だなと思った。

10年経てばSANKYOはかつての栄光を完全に取り戻すと、周囲の人へ語ったりもしました。

 

最近のエヴァやレディガガみたいな機械を見ると若干不安になるものの、シンフォギアやタイガーマスク、マクロスフロンティアといった、「お?」と見所のある機械も登場するようになった。クィーンやパワフルなどもしっかり作り続けた。

気合いを入れた機械の低稼働と、期待されていない機械の高稼働。一見するとチグハグに見えるけど、開発力の土台を鍛え直す際には必要なプロセスであったんじゃないかな。

 

私はね。SANKYOにはほんと複雑な感情を抱いていて。新台レポートを中止するきっかけの一つでありつつ、昔のSANKYOは大好きだったし、積み上げてきた歴史は尊敬に値するし。業界人として意見を求められたら「最高のパチンコメーカー」と答えます。

なぜなら、液晶デジパチ、ナナセグ、ドット、羽根物、権利物と、フルラインナップで挑むから。パチンコ文化への責任、歴史への責任を果たし続けるメーカーだから。

もちろんダメな部分も一杯あるんだろうけどさ。

売れなくなった今でも、パチンコの可能性を捨てない。

一流なんだよ、在り方が。

どれだけAKBを売ったって、どれだけ牙狼ブームになったって、フルラインナップこそメーカーの責任だと言い続けてきました。京楽もサンセイR&Dも、一流ではあるけれど、一流でしかない。本当の意味での「パチンコメーカー」は、ヒットの数だけじゃ計れないんだよ

 

嫌な思いも一杯したけど、素晴らしい思いも一杯くれた。招かれてもいないのに毒島名誉会長の葬儀へ伺ったりもしました。怒られちゃうかなと思いつつも、身体は動いてしまった。一言では言い表せない、圧倒的な名前なんですよ、SANKYOは。

だから復活してほしいし、10年で復活できると確信してた。

ファフナーは2009年。今年は2018年。あと一歩じゃないか

 

ほんと、開発の人、頑張って。

SANKYOを輝かせるのは、パチンコを輝かせるのは、あなた達なんだから(´;ω;`)

 

Comment

  1. ジュノンボーイ より:

    ものすごい三共への愛ですね。
    変な意味でなく、メーカーの開発に就職して欲しいです。

    • 愛、とは違う気がする・・・。
      全部ひっくるめて感謝する気持ち、かなぁ。

      私に開発は無理です。自惚れる余地すらなく即答できます。
      だからこそ開発の方にお願いするしかないわけで。

  2. 平沢パチオ より:

    ガガはラッシュに入ってからが苦行

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ニューピンボールP6 西陣・ソフィア

ちょっとこの動画、天釘狙って打ってない? ブッコミ狙えブッコミ。 まさに「ピン

記事を読む

サンセイR&D 新枠登場

いや・・・うん。 葬儀の直後にこんな指摘をするのはどうかと思うけど、この枠は私達にどう

記事を読む

失敗を糧にできる条件

今日、スケートを見ていて思い出したんだけど、数年前に仕事でインタビューさせていただいた方が「人は

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑