見ず知らずの人へ反射的に批判できる世の中

公開日: : 政治・社会 Comment(0)

  スポンサーリンク
 

自分はブログで散々経験したと思ってたけど、Twitterはブログよりも批判へ至るハードルは低いんだよね。瞬間湯沸かし器のように一瞬で嫌味を書いてしまう。

誰を批判しても構わないけれど、ネットで書く内容は「面と向かっても言えるか」を基準にしなきゃいけないと思うんだよね。

 

・・・私は菅直人を前にした時、「貴方は最低の総理大臣でした」と言えるかな。

んー(。-`ω´-)

 

 

2ちゃんねるの創始者ひろゆきは「嘘を嘘と見抜ける人じゃないとネットは難しい」という名言を吐いた。その後、ネットでは嘘を嘘と見抜く人で溢れた。しかし、嘘をスルーする余裕ある人は逆に減ったように思う。

嘘松、乙。

 

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

小中一貫教育 アベ学園

https://twitter.com/ps20xx/status/1042723238109835

記事を読む

no image

Amazon自費出版作品がフランス文学賞候補に

コスカッス「でけた。苦心の大作や」 出版社「アホか売れんわ」 出版社「アホか中身書き直せ」 出

記事を読む

せやろがいおじさん

https://youtu.be/poswXh1jjg4 https://youtu.be/_j1

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑