パチンコ依存問題は未来への福音2

公開日: : 最終更新日:2018/03/15 依存 Comment(2)

←前回

  スポンサーリンク
 

依存対策の進んだ業界の未来

俺、未来人。2020年からやってきたぞ。

2020年にはパチンコ依存対策は信じられないほど進展した。過去に生きるお前らへ、俺の住む未来ではどうなっているか教えてやんよ。

選べる

ホール事業者は依存問題について一方的な責任を問われることはない

複数用意された依存対策プログラムの中から一つ選ぶだけで、効果を立証された対策を取れる。あれこれ考える必要はないし、効果のないことへ力を注ぐ愚を犯さずに済むぞ。

もちろんプログラムに費用負担はないし、通常営業へ負担もかからない。

連携できる

同じ依存プログラムを選んだホール同士で連携を取れるようになっている。プログラムごとに企業集団を形成しているわけだな。

異なるプログラムの企業集団との連携も始まったことで、日本津々浦々に広がる依存対策ネットワークは完成した。

炎上回避

ホール事業者による率先したネットワーク構築により、世間の炎上や国会議員による吊し上げは回避された。

もちろん散発的な炎上やバッシングは発生するものの、パチンコ依存中央対策センター(以下、中央対策センター)でこれらを一括して引き受け、鎮火させている。

行政への提言

依存ネットワークの構築により、ファンとのリレーションは活性化された。行政は思いのほか国民の声に弱く、国民の力を借りる形で各種提言を行うようになった。

対策センターは毎年、官公庁や自治体、国会議員や地方議員に対してレクチャーを行なっている。過剰な売上や換金問題についての誤解はほぼなくなった。

優良な客質へ変化

依存対策プログラムの全国的な実施により大きな予防効果を発揮し、依存による生活破綻者は激減した。これはイメージではなく数値で実証できている

全国に点在する地方対策センターを通じた啓蒙活動と遊技者教育により、健康的な遊技者は増大した。もちろんこれも数値で実証できている。

  スポンサーリンク
 

確実にファンを増やす

ホール事業者による依存対策ネットワーク構築と、メーカーによる「破綻しにくい遊技機」の開発は、ファンの脱落を防止した。

中央・地方対策センターの行なう学生に対する教育により、毎年、パチンコへ嫌悪感を持たない新規ファンを安定供給できるようになった

FXや公営ギャンブルで破綻一歩手前の人へにパチンコを打たせることで、射幸心のすり替え効果により、危険な状態からの回復を行えることが分かった。

ホールの収益性

破綻による離脱者の減少で、業界全体の稼働低下は底打ちした。むしろ、長時間型の遊技機により客の滞在時間は大幅に向上し、皆、なかなか帰らなくなった。同じ客数、同じ売上にもかかわらず、以前とは比べものにならないほどの満席感と繁盛感を生んでいる。

依存対策の浸透と繁盛感により、二度と戻らぬと思われたスリープユーザーの掘り返しにも成功。離脱者の減少と新規流入者、および復帰遊技者の参戦で稼働は顕著に上昇。利益率を落としても粗利額は増えるようになった。

チラシ店内にリカバリーサポートネットワークの広告を貼っても顧客は減らなかったように、依存対策は収益性を損ねるものではなかった

事業発展への戦略的ツールになると確信したホールは、積極的に破綻回避・依存予防を行なうようになった。ホール稼働のトレンドは「依存客から継続客へ」と変化し、破綻させない店舗作りへと舵を切った。

世界から賞賛を集める

  • 【ギャンブル依存の悲劇を消し去る極東の島国】—米NYタイムズ
  • 【研ぎ澄まされた感性はPACHINKOから生まれる】—仏ルモンド
  • 【I’m PACHINKO I’m not PORKER】—英BBC
  • 【雀雀張張!習近平万歳】—新華社通信

人類の歴史からギャンブル依存の悲劇を消し去るメソッドとして、日本のPACHINKOは世界中から注目を集めている。

破綻しない低廉なギャンブルは、人間の感性を前進させる原動力になると、各界から評価されるようになった。

ギャンブル産業を健康的に活性化させるモデルとして、世界各国へパチンコを「輸出」することが検討されている。

  スポンサーリンク
 

次回予告

未来の私に語ってもらいました。ほんと、こうなってるといいねぇ。パチンコ業界の地位向上を果たすには、依存というのは降ってわいた良いテーマだと思う。ちょうど学生の頃かな。「パチンコ業界で働いてるというだけで尊敬される業界にしたい」なんて夢を語ったりしてました。尊敬されて死にたいじゃん。

というわけで、若干痛く青臭い内容でしたけど、こうなったらいいな、という願望を書いてみました。皆さんはどうですかね。こんな業界になったらいいなって、ありますかね。

次回は、そんな「良き未来」を阻害する要因を考えます。

←前回次回→

Comment

  1. スウォーム より:

    いつも思うんですけど
    新規の保守勢力はパチンコを廃止しし思わないでしょうか
    「違法賭博!」・・・警察が管轄ですが・・・
    「依存症が!・・・」公営ギャンブルは・・・しかもせいぜいパチで負けてにも15マンだと思う、某ユーチューバが大金で宝くじかったけと一般人からみたら爆死したほどの負け
    「北朝鮮に・・・」アメリカさんにだまってミサイル製造できるほどのお金送金できるんですかね・・・・っと思ってしまう。ミサイルって高いんだよね・・・
    「子供が・・・」 ニュースで騒がれて依存症以上に注意喚起されています最近警備員(ただし大手)がっちりいます、下手なスーパーより安心だとおもう。
    いちおう保守的考えの持ち主ですが新しい保守勢力で
    「パチンコの財源を日本で有効活用!」ってのが出てこないだろうか

    ひとつ言えるのが・・・ネトウヨが全員パチ嫌いなんて思うなよ!
               平和は地球防衛部loveってアニメを烈火の炎2
               演出のままで出せ!!(腐男子なので)

    • BL風味の機械は出してほしいなぁ。
      そこに食いつくのかって話ですがw
      企画にも開発にも外注先にもBLを理解できる人いないんでしょう。
      ましてやメーカーの役員にいるとは思えませんし。

      パチンコってジジババほど負けて若者ほど勝ってるので、実は所得の再分配になってるんですよね。
      アニメアイコンのツイッターでパチンコを叩いてたりするし、何だかなとも思う。
      そういう部分で必要なのはやはり「業界の広報」なのかなと。
      パチンコ業界はファン以外へのアプローチをやらなさすぎた。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

使っちゃいけないお金でパチンコ

https://twitter.com/yowainezumi/status/10279144270

記事を読む

国会議員にメールを送ってみた

依存関連で、先日のシンポジウムに参加していた某議員へ、メールを送ってみた。 伝わるかどうかは別

記事を読む

うさみのりや氏

元経産官僚の宇佐美典也氏。 パチンコ業界に対する立ち位置は不明ですけど、この人の有料メルマガは

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑