パチンコ依存問題は未来への福音3

公開日: : 最終更新日:2018/03/15 依存 Comment(4)

←前回

明るい未来を阻害する現在の問題点を考える。

パチンコに限らず広く探してみよう。

すると、個人やホールの問題とするのは無茶な話だなと感じる。

  スポンサーリンク
 

社会全体や世間の問題点

「タクアンは大根に戻れない」という考え方、伝わりますかね。キムチは白菜に戻れないでもいいんですけど、一度漬かってしまったら元の野菜には戻れない、すなわち、依存症になってしまったら元へ戻れないという考え方です。

人間である以上必ずなるか

薬物やアルコールの大量摂取は、人間である以上、限界値を突破すると必ず身体を壊します。致死量というやつ。ではギャンブルにも致死量や限界値はあるのかといえば、これは違いますね。人によって異なる。

アルコールなら、どんなに強い人でも10リットル100リットルと飲めば死にます。個体差は100倍も無い。ところがギャンブルの場合、資金力の個体差は100倍どころか1万倍1億倍と、とんでもなく開いている。1万円しか持っていない人はすぐに破綻するけど、1億円あればパチンコで破綻することは難しい。

破綻しなければ依存になっても周囲へ迷惑を掛けることは少ないし、実際、ほとんどのファンは問題なくパチンコを続けており、深刻なギャンブリング問題へは滅多に至りません。

つまりギャンブルの場合、破綻する限界値の線引きは不可能であり、依存になったからといって、全員破綻するわけではない。問題ある遊技者であっても健常に戻れる可能性が常に存在する点において、薬物やアルコールとは決定的に異なる。タクアンは大根に戻れるんです。

  スポンサーリンク
 

原因を取り除けない

薬物やアルコール依存ならば、体内から有毒な成分を抜けばいい。では、パチンコ依存は、パチンコから遠ざければ完治するのか。これ、ギャンブルをしない人は「完治する」と答えがち。でも違うんですね。遠ざけたって、競馬や競輪、FXや仮想通貨といった代替物へ簡単に乗り換えてしまいます。FXとは為替取引であり世界中で24時間行なわれています。スマホからも参加できますから、これを取り上げるのは難しいですよ。

ギャンブルへの依存は生体反応や薬理反応ではなく、性格や生き方といった千差万別な要素を絡みます。

「恋愛依存」なる言葉を聞いたことはあるでしょうか。恋愛する相手に執着したり、恋愛という行為そのものに執着してしまう依存のことです。ワイドショーや週刊誌を賑わすことも多い恋愛依存ですが、これを治そうとしたとき、「恋愛」を取り上げれば完治するでしょうか。まあ無理ですよね。心の問題だから。

ギャンブル依存、パチンコ依存も、恋愛依存と同じく、その人の生活環境や人生観、生まれてから現在へ至るまでの心のありようが複雑に絡み合うため、一律に「これをすれば治ります」と言えないんですね。

  スポンサーリンク
 

ギャンブル依存症という病気は「ない」

ここで気付かれた方もいるでしょう。恋愛依存は「疾病」ではない。病名として存在しません。片仮名で「ビョーキ」かもしれませんけど、病気ではない。

同様に、ギャンブル依存症も病気ではありません。世界中を探しても、そのような疾病を定義づけた国は存在しない。なのに依存症依存症と安易に使ってしまうことで、破綻とは無縁の常連客まで疾病であるかのように断罪してしまう可能性は高まります。

依存からの脱却について考えるなら、薬物やアルコール依存といった疾病における「治療」と、パチンコやギャンブル依存における「回復」を切り分けたいところです。

  スポンサーリンク
 

次回予告

問題点、次は医療現場。

行政や事業者の問題点へと続きます。

←前回次回→

Comment

  1. 椎名@ より:

    はーい
    …あ、明らかにアルコールに依存してるので、呼ばれた気がしました(笑)

    人間ってそんなに強くないですからね。ほとんどの人が、何かに依存して心のバランスを取ってるんじゃないかな。

    依存の対象によって、世間の評価が変わるだけで。

  2. 平沢パチオ より:

    ギャンブル依存症の定義がはっきりしないのは確かですね。

    でも、生理学的にギャンブル依存というのはあるように思います。
    ヒトはなんであれ快感が好きですし、それに中毒になってしまう。
    あ、依存という言葉のニュアンスがいけないのかも、中毒とすればどうでしょう?
    僕は、「マラソン大好き、走ってないと死んじゃう」人たちが、脳内麻薬の中毒なのは明らかだとおもいます。

    資金が潤沢なひとはパチンコで経済的に破綻しないからといって、中毒が問題ないとは思えないですね。

    • 今回の連載は、医学的、学術的な見地に基づいていないので、ちとご容赦下さい。

      ギャンブル依存はあるのだとして、パチンコ依存と株依存と競馬依存は全て同じメカニズムなのか、異なるのか。
      根拠となる検証結果のないまま対策ばかり進める怖さを感じるんですね。
      原因不明なのに【対策】って何なんだよと。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

田中紀子 宇佐美典也 おときた駿 アンチパチンコ大会開催?

https://twitter.com/epachinko/status/1042629725284

記事を読む

使っちゃいけないお金でパチンコ

https://twitter.com/yowainezumi/status/10279144270

記事を読む

国会議員にメールを送ってみた

依存関連で、先日のシンポジウムに参加していた某議員へ、メールを送ってみた。 伝わるかどうかは別

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑