ホールにとって一番の敵

公開日: : パチンコ, ホール Comment(4)

どうしようかなと思い一旦掲載を見送りましたけど、内容をマイルドにして再掲載します。

ホールの敵は内にあり

印西は渋いと言ってますけど、ちょいちょい顔を出してるVゾーン神々廻店。昨日は1パチの交渉人真下正義@平和でオスイチを決めましたw このホール、0.25円~4円までバリエーションに富んでいて、頑張ってるなって感じを受ける。あんまり勝ててないけど、好きなホールです。

基本、小型店は好き(´・∀・`)

ただ最近思うんだよね。

ホールの敵は競合店じゃなく、自店の低玉コーナーじゃないかって。だって、地元の土地持ちや金持ち、年金で悠々自適なジジババまで低玉打ってんだもん。

  スポンサーリンク
 

パチンコの商品力は液晶

メーカーは液晶演出に最大の開発費を投じる。バランス調整に時間をかける。それを悪いと言うつもりはないけれど(むしろ現状は正しい)、生産側の実態として、パチンコとは映像コンテンツなのさ。ホールさんだって、液晶を見て機械選ぶじゃん。

パチンコは映像コンテンツ。

同じ映像なら安く見たいじゃん。

同じ商品を1/4の価格で売るなら、客は安い方を買うよね。

だから1パチ。

射幸心なら4パチという“ウソ”

「当った時のリターンは4パチでしょ!?」という意見もあるだろうけど、「当ると思えないんだからその反論はNG」となる。

仮によく回ったとしても、当たると思えなきゃ射幸心は喚起されない。1パチなら安く楽しめそうというインセンティブがあるけど、4パチは違う。武器であるギャンブル性は、当ると思えない演出群に打ち消されてしまっているんだ。

これ、

打っても当ると思えない機械を量産するメーカーさんサイドにも問題あるんじゃね?

  スポンサーリンク
 

1パチ・安い価格で楽しめるかも=射幸心

4パチ・当ると思えない=射幸心ゼロwww

メーカーは低稼働をホールのせいにするけど、1パチの回りなんて4パチより酷かったりするじゃん。なのに稼働するじゃん。なんでよ。安いからでしょうが

安売りに適した商品(=映像コンテンツ)ばかり生産してるわけで、消費者は自明の理として、低玉ばかりを選ぶようになった。

パチンコに適した機械とは、パチンコにのみ許された(三店方式を介した)現金のやり取りを引き立てる機械ですよ

すなわち、低玉より4円で動いてこそ、パチンコ的な機械なわけ。

残念ながらメーカーは変わらない

メーカーは今後も似たような機械ばかり作り続けるはず。なぜなら現状もっとも売れるのは映像コンテンツだから。企画者も開発者も、低玉向きの機械しか作れない。

有能な人はいるんだけど、役員は怖くてエッヂの効いた企画にゴーサインを出せない。サラリーマンの限界ってあるのよね。

豊丸みたいに、オーナー社長自ら変態宣言を出してくれればいいんだけど、普通のメーカーじゃ難しいわね。ちょっとでも売れないと飛ばされちゃうし。

  スポンサーリンク
 

打倒、低玉コーナー

ホールは現実的な対応を求められる。購買力のある「太い客」を低玉コーナーという敵から奪還せねばならない。低玉専門店なら、低いレートから少しでも高いレートへと引き上げる。

これはね、聖戦です

主人公は店長。

私も4円の強い店を探してまわりたいなって。

もちろん数字の強い店はネットでもまわるんだけど、いざ打ちに行ってみると、立地や周辺状況といった現場の工夫以外の要素で恵まれている場合も多々あってさ。単純に使える予算ケタ違いだったとかね。

真似できる要素、現場の参考になる要素って、足で稼がなきゃ見つけられないと、ここ数年で痛感した。来年度のテーマは「脱低玉~少しでも高いレートへ~」になると思う。

Comment

  1. りょうが より:

    この記事は、すごくわかりますね。
    わたくしは、自分で言うのもなんですが、
    パチンコ、パチスロ依存のへヴィーユーザーです。
    ほぼ毎日打ってますけど、低貸しに流れてますもん。
    打ちはじめたの10年以上前と、パチンコの歴史ん中では、若輩者ですけどその時代は4円、20円しか無かったわけで。すんごい熱気と狂喜の中で楽しさを見いだしてましたからね。
    ただ。楽しかったのは確か。懐古厨なんでしょうけど、今よりもパチンコの画面見てた。玉の動き見てた。大当たりした時の高揚がすごかった。
    今は、惰性で打ってる感じがします。
    当たるかも?的な煽りをずっとされて、結局当たらない。当たる流れがわかってくると、それ待ちになるから、流れが来るまでスマホ見てる。
    当たっても、1種当たりでは箱いっぱいにならない機種が多いんで、2種当たりになるまでは気がぬけない。2種当たりにも振り分けがあるから、良くない振り分けに当たると、喪失感が半端ない。
    そうなるのが、今の4円パチンコな気がします。
    なんで、わたくしは、1円やそれ以下のレートは、ある種の保険みたいなもんだと思ってます。
    喪失感があっても、まぁまぁ。1円だし。また、当てれば。みたいなね。
    どうすれば良いかなんてのは、もうわかりませんね。エンドユーザーが疲弊してるのは確かですね。

  2. Marin より:

    りょうがさんと同じく、今の機械にも問題があると思いますよ
    今の1/100の機械と最初の白海、打てと言われたら間違いなく初代白海ですよ
    ボーダーの甘辛ではなく、当たって連チャン突入に期待が持てるか?という問題が大き過ぎます
    ラッシュに入れば4000発出るかもしれないけど、単発は300以下ですよなんて代物では、端から打つ気になりませんよ
    それでも打つには一円でないとついていけないのです

    • 同じボーダーラインだとしたら、これ、実は私、最近の台を打つと思う。

      でも仰ることはよく分かっていて、電サポ突破型の「インチキ甘デジ」ばかりになってしまったあたりで、おかしくなった。
      トリガーになったのは、初代戦国乙女や、初代南国育ち。

  3. さんごう より:

    か・・・かみがみかい?
    しんじんかい?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

8個保留

https://twitter.com/epachinko/status/1054085940069

記事を読む

教えて! あなたの好きな台の良さ

あの台のこんなところが好き。 細かすぎて伝わらない「あの台の良さ」を教えてください。 ちなみ

記事を読む

警察の中小ホール潰しと言われても仕方ないよな

https://twitter.com/epachinko/status/1053479196696

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑