ダメなメーカーの特徴

公開日: : メーカー Comment(0)

他社より優れているもの、売れるものを作れと言う割に、新しい試みをすると「前例がない」「そんなもの売れるのか?」と批判する役員がいる。出したことのない商品の売れ行きを企画者に保証させる構図。

で、他社に先を越される。

特定の会社を指してるわけじゃないんだけど、多分こんな風になってるよ。

  スポンサーリンク
 

儲からないものは作れない。そりゃそうなんだけど、じゃあ儲かるものを作らせてるはずの今、なんで儲かってないのさ

足りないのは、マネジメント層の「現状認識」「未来を見る目」、そして「胆力」かと。

儲かってるうちに沢山チャレンジさせておけば、こんな状態にはならなかったでしょうけど、敗戦してからガタガタ動いたって間に合わない。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

よし。ダイナマイト打つわ

https://twitter.com/epachinko/status/1052386132250

記事を読む

パチンコをやらぬ妹に見せたマルハンのチラシ

(゚Д゚妹)「なにこれ!アニメばっかじゃん!しかもオタ系ばっか!てかこのマリン可愛いな!なんでい

記事を読む

おばけランドより安い……だと?

清流物語・272,000円 おばけランド・311,000円 同じライトミドルでこの中古価格差。おばけ

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑