祖母のこと、介護のこと

公開日: : 個人ネタ Comment(2)

昨日、母がたの実家へ行ってきました。

二年前、5000ccもの出血を伴う大腸ガン手術から生還した祖母ですが、ここ1年半で7回もの腸閉塞にかかり、狭心症まで再発し、ついに体重は30キロに。

明日、腸閉塞の手術を受けることとなりました。

母とともに、叔父さんの家へ向かい、今までの手術歴、治療歴について説明をうけました。病院のこと、老人ホームのこと、デイサービスのこと。聞けば聞くほど、日本の介護は破綻してるんだと知った。100兆円の国費は、どこへ消えてるんだ。「圭志、これが現実だぞ」と語る叔父の顔は、見たことのない表情だった。

叔父は社会保険労務士。その道のプロです。祖母に関するあらゆる書類を全てファイリングしており、その緻密さ、分量に驚かされます。最初の日付は2004年。使い込まれボロボロになったファイルは、「お前に親を介護する覚悟はあるのか」と迫ってくるようで、吐きそうだった。

その後、病院へ行き、祖母と面会したんですけど、まあ、分かってはいたんだけど、敬語で挨拶された時は泣きそうだった。長女である母の顔すら覚えてないんだから、初孫とはいえ、私の顔なんて分かるわけない。「大きくなったね」って、話を合わせようとしてくれるのが、またたまらない。

脳死は人の死か? という論争があるよね。わたしは人の死だと思う派なんだけど、認知症はどうかと言われれば間違いなく、間違いなく「生」だよ。でも、友人の顔も、家族の顔も、嬉しかったことも、辛かったことも、全部忘れ、最後は自分さえも忘れた時、人は、何なんだろう。

明日の手術、生存率は30%だそうです。

手をとったら、しっかりした握力なんだよね。こんな力強いのに、30%なんか。「でも、30%ってことは魚群くらい? 昨日のギンパラも一発で当ったし。そう考えるとかなり高くね?」と、無理やり現実逃避してみたり。

成功したとしても、今後も腸閉塞は頻繁するらしく、その都度手術となる。老体はどこまで耐えられるか、という話らしい。

帰りの車内で、母と話しました。祖母のこと、我々のこと。そう遠くない未来の話を、色々と。

Comment

  1. いんちきパチプ より:

    ちょうど数日前にこれ読んで落ち込みますた…
    ://bipblog.com/archives/4849473.html

    最近じゃ母ちゃんより俺の物忘れの方が激しい気もしますがねwww

  2. の☆ミ より:

    自分の祖母が7月に他界したのですが、孫と言う事で棺を霊柩車に
    運ぶ役目をしました。
    ずっしりと重い棺を担ぎながら、ばあちゃんは幸せな老後を過ごせ
    て良かったなと思いました。
    親孝行は十分にされているようなので、おばあちゃん孝行を十分に
    なさってあげてください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

低気圧と自律神経

睡眠足りてるのにものすごくダルく、頭痛もある。 なんでやろと思ったら、強烈な低気圧接近にともなう自

記事を読む

no image

宗吾霊堂いってくる

前から気になってた、富里と印西の間くらいにある霊堂。 次の仕事へ取り掛かる前に行ってみる。誰を祀っ

記事を読む

ダイエットサプリの広告が笑える件

別商品なのに同じ画像を使っていて、しかもその画像は異様に極端。 骨と皮だけの身体 骨の浮き出た女性

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑