モノを売るということ

公開日: : オタク, 社会 Comment(4)

  スポンサーリンク
 

これ、いいこと言うなぁ。

同人誌に限らず、自分で何かを生み出して売ってみる経験は、とてもよい「学び」になると思います。

従業員研修でコミケにサークル参加って面白いかも!

マンガ、イラスト、文章、グッズ等々なんでもいい。ほとんどの人は「できないよ!」というかもしれないけど、それすなわち「売れないよ!」と言ってるだけなんだよね。

私も一度ハガレンの同人小説を書いたけど、まっっっっったく売れなかった(黒歴史

即売会研修で一番の効果は、失敗を隠さなくなることかもしれない。

Comment

  1. まさ より:

    あとね、二次創作はそこそこ売れても評価されない。
    一次創作はちょっとでも売れれば評価してもらえる。
    コミケのサークル参加はジャンルによって倍率が変わるからちょっとむずかしいんじゃないかな。

    • 確かに、パロディと白紙からの設計は全く別の能力や。
      コミケじゃなくとも、大きめの即売会ならばどうだろうか。個々人じゃなく、会社でサークル参加。30分ごとに自分の商品を売る的な。

  2. みけたん より:

    大変申し上げにくいことですが、コミケと呼ばれる同人誌(展示)即売会は、基本、アマチュアの作品発表の場であり、法人のサークル参加を認めるイベントはほとんどないと思います(コミケットは叶姉妹も幸子もプロ漫画家も参加していますが、あれは建前個人としてサークルを作り参加しています)たとえ、儲けは出しません、研修ですって言っても無理でしょう。私も昔、地方の小さな同人誌イベントを主催していましたが、参加の趣旨が分かった時点でお断りさせていただいたと思います。
    とはいえ、一つの作品、製品を作り出して売るということの大変さを知るというのはとても意義のある研修だと思います。
    あと、ハガレン二次創作で活動していた経験からも言わせていただきますが、参入時期とカプの選択が重要なジャンルでしたので(現在の二次創作もそうですが)どんなにクソみたいな日本語崩壊小説でも流れに乗れちゃうと即完売とかあります。まあ、その時だけですけどねw

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメちゃんノリノリ そしてパチンコトワーズ

https://twitter.com/mcipacpao/status/1030564593507

記事を読む

リバプール、まさかの反日投稿で炎上

サッカーを知らない私でさえ名前を知ってるリバプール。 8/15日に、韓国人が日の丸を踏みつけて喜び

記事を読む

プラネテス2週目

結構気に入ってんじゃねえかw というわけで2週目を読んだ。ハチマキの性格が安定せんなー

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑