どこを撮影しても絵になる寺 永平寺

公開日: : Comment(2)

曹洞宗大本山、永平寺に行ってきました!

ヒゲそり忘れてるけど!

樹木の高さと、緑に染まる視界に圧倒されます。

圧倒されていたら本殿への参拝ルートから外れてしまい、うっかり奥の方へ。

 

絵を描く初老の男性と、それを見る外国人観光客。

ハイキングコースになってるようで、マイナスイオンやらフィトンチッドやら目一杯吸い込んでおいた。

おお、滝まであるよ。

静けさと相まって、タイムスリップした感覚に襲われます。

道元さん、長髪なん?

誰かに似てるなと思ったら長州小力だった。

いよいよ参拝。

本殿を参拝するには500円かかります。

うわ、何時代だこれヽ(´Д`;)ノ

美しく磨き上げられた廊下を走る修行僧。

途中、立ち止まって横を向き、必ずお辞儀をする。何かと思ったら、仏殿に対して頭を下げていたんだね。

  スポンサーリンク
 

廊下から階段上の仏殿を撮影。

逆に階段上からの光景はこんな感じ。

上記写真の中央から下へ少し降りると山門。山門には仁王像。

うお、遠近感ががが

雨降ってきた(のちにゲリラ豪雨)

みんな納骨・供養を待っているのではなく、あまりの雨で動けなくなってるだけw

秋に来ても美しいんだろうなと思いつつ、参拝を終えました。

控え目に言って最高だった。

四季折々の永平寺を見てみたいね。

ただ、昨年の福井豪雪は大変だったらしい。

ソース→【永平寺HP

よくまあ北陸の厳しい環境で1,000年以上保ってるよ。

人の営みは、素晴らしい。

 

 

Comment

  1. いんちきパチプ より:

    めっちゃ綺麗ですね
    2枚目はスマホの待ちうけにしたら心が一息つけそうw
    写真撮る時に殆ど人がいなくてツイてましたね

    • めっちゃ空いてました。梅雨時の平日に蒸し暑い北陸で観光はせんわなぁ。
      緑の木々と歴史ある建物のコントラストは、たしかに心を洗ってくれました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

函館行きたい

https://twitter.com/okamotolynn/status/10429274793

記事を読む

吉田はなぜレンタカーに乗るのか

来たぞ、全開。 仮眠、昼寝、睡眠を合わせると、二日で18時間寝た。睡眠って全てを回復させるなほ

記事を読む

ナイター始まるまで寝る

今回の名古屋は挨拶回りのつもりだったのに、なぜか取材みたいな格好になりまして。 応じていただい

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑