社長が買った労働力を中間管理職が使い捨てにするというお話

公開日: : 政治・社会 Comment(2)

45度の部屋で3時間、水分摂取も認めず作業をさせ、熱中症で救急搬送されて点滴打ってるのに、会社へ戻れと命令し続ける部長。その作業では過去3人も熱中症で倒れてるのに、その事実を隠蔽していた。

この後、パワハラ部長はどうなったんですかね(´・ω・`)

  スポンサーリンク
 

Comment

  1. いんちきパチプ より:

    これまとめで読みましたが、イッチがもう辞めるからって一切名前隠してないところがツボでしたw
    でもそれがまた少し嘘っぽくもある
    でもたしかに
    >「流石に創作だろ…」とも言い切れないところがCool Japanなんだよな…。
    ですよね・・・

    • それね。創作じゃねえかと思うと同時に、いや、あってもおかしくねえよなって。

      関東京楽時代の上司は「何があるか分からないから、出社だけはしろ。その後なら病院へ行くのも帰って寝るのも構わないから、出社だけしろ」という人でした。
      思えばこれ、会社へ行きたくない→即退社を防ぐ方法だったんだろうなと思います。

ボンペイ吉田 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜネトウヨは黙ってるんだろう

https://twitter.com/epachinko/status/1070687054923

記事を読む

政府転覆計画

https://twitter.com/epachinko/status/1069556204064

記事を読む

no image

ネトウヨ春夏秋冬のBAN祭に思う

https://twitter.com/epachinko/status/1069258344232

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑