電話恐怖症

公開日: : お仕事 Comment(2)

わかる!

電話を受けるのは平気なんだけど、かける時に汗をかく。「メールじゃニュアンス伝わらないから電話でお願い」とか言われちゃうと死ねる。この感覚、分からない人には絶っっっ対分からないと思う。

関東京楽時代、アポイントメントや注文の確認をせねばならず、毎度毎度脇汗びっちょりだった。

あまりにもキツイので、注文一覧を手書きし、「今日は朝から電話する!心を無にしてダイヤルする!」と覚悟して出社すると、たいてい遅刻してた

  スポンサーリンク
 

Comment

  1. さんごう より:

    だから電話が出来るようになったんだけれども・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なんで名古屋か

日本に帰化した方から話を聞けました。洗脳が解けたきっかけや、総連や民団について色々と。 兵庫在住の

記事を読む

特急しなの

なんか予想してたよりずっと混んでる。 名古屋から長野へ向かっています。山本商事さんへ挨拶に伺っ

記事を読む

来週 名古屋へ

なんか毎月名古屋へ行ってる気もしますけど、パチンコ業界で仕事をしている以上、どうしても多くなります。

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑