ダメになるメーカーの特徴と、稼働を落とすホールの特徴は一緒

公開日: : 業界ネタ Comment(0)

メーカーなら開発者。ホールなら店長。

彼らの多くが、外部からもたらされる情報に対して「知ってるよ」という態度を取り出すと、その会社は衰退していきます

ヒット機種を出せる開発者や、稼働を上げるホール店長は、知っている情報からも何かを得ようとしますし、既知の情報と繋げることで新しい発想を得ようとする。

知ってるよw と半笑いでスルーしちゃう人は、新しい発想を自ら拒否しているし、頭から否定する態度が染みついてしまっている。

つまり、若くても老害なんだな

  スポンサーリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

さてはアンチだなオメー

私が「アンチパチンコ」に気をつけろと業界へ警鐘を鳴らし続けてるのは、これ。これまでは閉じられた世

記事を読む

警察の中小ホール潰しと言われても仕方ないよな

https://twitter.com/epachinko/status/1053479196696

記事を読む

実はその手前に「初心者」ってのもあるんだけどね

https://twitter.com/epachinko/status/1053329017669

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑