24時間テレビのテーマ変遷 なぜ子供の頃、夢中で見ていたのか

公開日: : 個人ネタ, 政治・社会 Comment(2)

子供の頃、24時間テレビは特別な番組で、見るのは義務くらいに思っていた。

なのに今はシニカルな目で批判してしまう。

何であの頃、夢中で見ていたのか、やっと分かった。

テーマが具体的だったからだ。

  スポンサーリンク
 

Comment

  1. いんちきパチプ より:

    言われてみればそうですね・・・
    子供の頃はやれアフリカだカンボジアだの明確なテーマだったけど、気がついたらマラソンして難病のジャニドラマやってサライ歌うだけの番組になってたのか・・・
    それこそ下の記事の虐待110番とか母子寮や女性のシェルターとか、その辺の管理費や維持費を集める運動を番組でやってほしいですよね
    他に殆ど行政の手の届いていない父子家庭の諸問題もどうにかしたい
    虐待110番に関してはNTTかKDDIとの交渉シーンも用意して、回線の無償提供、もしくは半額にして貰うシーンとかを入れたりして
    変な話、その過程を昨今増えている経済系ドラマっぽい作りにしても面白いかもしれませんね
    佐藤浩市や安田顕あたりの渋い俳優で、朝ドラのように15分単位で二時間おきに続けていくとかだと視聴率も上がると思う
    まぁそうなるとジャニーズが黙っていないんで絶対企画が通らないでしょうけどw

    • そうなんですよ。知らんうちに「ふわっと」したテーマになった。感動させることが主眼となり、困ってる人は置いてけぼり。マラソンみたいな、誰も望まぬ演劇を始めるに至った。
      感動ポルノと言われてしまうのも、具体性を放棄したあたりからじゃないかしら。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ノーベル賞の本庶教授、子宮頸がんワクチンは危険とする人達を強く批判

https://twitter.com/epachinko/status/1072663331394

記事を読む

no image

震える舌

https://twitter.com/epachinko/status/1072514750049

記事を読む

ビックカメラ 半端なく混んでた

秋葉原の元ソフマップ、土日かと思ったわ。 触った瞬間欲しくなってしまった、ストロークの大きなパ

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑