すとこん

公開日: : お仕事, ホール Comment(0)

見に行くだけじゃダメなんだよというお話。店内とトイレをサーキットのごとく素早く駆け抜けるだけじゃ、多分何も得られないし、得られたとしても気のせい。

おすすめは、4円海ミドルの中央通路側カドで打つパターン。振り返るだけで目に入る情報量が多いし、20分に1回くらい席を立って店内を少しずつ見て回ると警戒されにくい。

スタッフから見える場所で実際に打ってるから、話しかけても普通に受け答えしてくれますしね。何よりしっかりお金を使うので、見学泥棒みたいにならない。

・・・ただ、時間と金はかかるんだよな(‘A`)

  スポンサーリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

上野へ行った後に有楽町のビックカメラへ

久し振りに上野へ行くか。 サンセイは寄生獣。豊丸は、保通協10回落ちましたよってやつだ。珍しく

記事を読む

管理者は客を敵に回してでもスタッフを守らねばならない時がある

https://twitter.com/epachinko/status/1071255557007

記事を読む

no image

マルハンの業績推移

ネットで拾った。 店舗数は2割以上増えてるのに、店舗あたりの売上は4割以上減ってる。利益に至っ

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑