西村直之と田中紀子 パチンコ依存に関する考え方の違い

公開日: : 最終更新日:2018/11/01 依存 Comment(0)

リカバリーサポート・ネットワークと、ギャンブル依存症問題を考える会。パチンコ業界は前者の立場にあります。「依存症」ではなく「病的依存」。

業界人の中でも知らない方が多く、安易に依存症依存症と使ったりしているので、念の為に記しておきますね。病気・疾病という立場を取ると、入院や治療、投薬で治るような誤解を与えてしまう。

パチンコ業界は基本的に前者の立場です。恋愛依存や買い物依存と同様、精神的なものであり、アルコールや薬物のように「体内から取り除けばいい」という話ではないからです。パチンコ業界廃絶となればパチンコ依存は消滅しますけど、依存になってる人はそれで大丈夫なの? という話。大丈夫じゃないよね、まず間違いなく他のギャンブル(おそらくはより過激なギャンブル)へ依存してしまう。

依存対策のためにパチンコ廃絶を叫ぶ人達は、この視点を持っていない。もしくは意図的に見ないようにしています。パチンコ依存で苦しむ人はどうでもよく、メインはパチンコを廃絶したいだけ。だから「廃絶、その後」について何の代案も出しません。他の依存にかかるなら自己責任だと突き放しているのが現状。それって、本当に依存の人を思ってるの? ということなんですね。

  スポンサーリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

noteマガジン更新! パチンコ業界は潰される寸前だったんだよというお話

https://twitter.com/epachinko/status/1061253644912

記事を読む

なんでかちょっとイイネがついた

https://twitter.com/epachinko/status/1060427500214

記事を読む

症状・パチンコのことを考えると仕事が手につかなくなる

パチンコを考える仕事のワイはどうしたらええんや……。 というわけで! https://twitt

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑