パチンコメーカー営業部や東京支店の方々への感謝

公開日: : note・月額マガジン, 新台レポート Comment(0)

深夜のマガジン更新。

新台レポートを復活させて4機種中3機種が非液晶機。ドット、ナナセグ、ドラム、アナログ抽選。こんなに選べる時代が来るとは思わなかったなぁ。今後の未来図を描くと、これだけバリエーションに富むのは向こう1年くらいで終わりじゃないかな。知らんけど。

+++++

アナログ抽選といえばファフナー2。

東京支店へ伺ったのですが、展示スペースへ上がれないようになっていました。

一緒に上野まわりをした業界の大ベテラン氏も入れずw

受付のお姉さん曰く展示会は未定、たぶんやらないとのことなのでnote記事は見送らせていただきます。

+++++

この「見送り」ができるって、ほんと嬉しい。

全機種発行を掲げていた新台レポート年間契約ではできなかったことなの。SANKYOに限らず、どこかで見せてくれないかと、長野を始め、北海道、仙台、四国、大阪、名古屋と、そらもう色々な場所へ行きました。ブログを読んでますよと、会社に内緒で機械を見せてくれた方もいました。涙が出るほど嬉しかった。

当時のレポートは年間6万円。100機種くらい書くから1機種あたり600円。その1機種のために飛行機や新幹線、高速バスやレンタカーを駆使し、何万円もかけて試打しに行ったんだよね。それを10年続けた。もう一度やれと言われたら泣いて断ります。それでも発行が遅いと指摘を受けたり、特定のメーカーに配慮してるんじゃないかと疑われたり。苦しかったなぁ。このままでは販社さんと組まない限り全機種発行は無理。でも販社さんと組んだら特定メーカーへの配慮を決定的に疑われる。ホールさんと組んでやることも考えたけど、先方の営業マンは完全に営業モードになるわけじゃないですか。とてもじゃないけど冷静に試打できない。その担当営業マンだって、吉田を嫌っているメーカーの場合バレたら降格や転勤ですよ。ほんともう色々と無理だった。限界だった。

それが、見送り!

見送れるの!

こんな幸せある!?

気が楽!!

+++++

そして改めて思うんです。会員になってくださった方へ感謝するのは当然として、機械を見せてくださったメーカーさんにも感謝しなきゃいけない。

私に見せたって1円の得にもならないわけですよ。たまに「レポートの評価が高いから売れたよ」なんて言ってくださる営業マンもいらっしゃいましたけど、評価が低いから断られたケースだってあったはず。そう考えると、やはり有り難い。

ほんと今さらなんですが、メーカー営業部の方、特に東京支店の方々に深くお礼申し上げます。不快に思われることも多かったのではないでしょうか。申し訳ありませんでした。そして、ありがとうございました。

色々な方に助けられ、事業を続けることができました。

  スポンサーリンク
 

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アニオタを使っての経営再建 完結

https://twitter.com/epachinko/status/1174560506880

記事を読む

no image

えらい連載になってしまった

第三回は幸手チャレンジャーと大宮どんじゃら。 どんじゃらを説明するため楽園の話を差し込んだら、

記事を読む

no image

スロつる

明日のnoteでスロつるについて触れます!と書いた直後に、廃屋廃人さんのブログで思わせぶりな記事がア

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑