高齢者の終末期医療費

公開日: : 政治・社会 Comment(4)

これは誤解していました。

終末期医療と言えば、何度か書いた事がありますけど、国立安楽死施設を作ってほしい。個人資産を全て国庫に入れることを条件に、自死を認めてくれる施設。

  スポンサーリンク
 

Comment

  1. いんちきパチプ より:

    こないだちょうどこれを見て色々考えました
    NHKスペシャル 人生100年時代を生きる 第2回▽命の終わりと向き合うとき
    ps://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586105/index.html
    医学の進歩に倫理と行政、そして私たちの覚悟が追いついていない現状です
    ヨーロッパなどでは自分で食べられなくなった時点で延命治療しない方向にシフトして、ぶっちゃけ医療費とかも抑制できてるんですけどね
    日本だと透析だけでも年間一人600万かかってます
    ましてやそれに意識が無いだ痴呆だなどとなれば医療費は余裕で年間1000万超えると思う

    • 一度も見舞いに来なかった家族が、死んだ聞いて病院へ押しかけ、医者に食ってかかるそうですね。
      何で殺したんだ、俺達の生活はどうなる!!って。
      医療保険や生活保護にぶら下がって生きてるクソが多いのだとか。

      胃ろうなんてもう生命への冒涜だと思いますよ。

  2. 椎名@ より:

    この方のツイートで、ソースとしてリンク張られてるのがしんぶん赤旗ってのが引っかかります・・・。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コスモス皮膚科の待ち時間

水虫退治に挑み始めて2ヶ月。家から最も近い皮膚科は千葉ニュータウン中央駅前のコスモス皮膚科なんですけ

記事を読む

高齢者を呼び込むよりも○○を呼び込め

私は今44歳。社会に出たころ44歳だった上司が、今や定年を迎えようとしています。ひょっとしたら来年あ

記事を読む

お隣の国だからって優遇する必要もない

https://twitter.com/nauchan0626/status/11172914630

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑