沖縄3を一回交換

公開日: : 最終更新日:2014/10/08 パチンコ, ホール Comment(6)

ボーダーラインを計算してみる

先日、秋葉原で定量制のパチンコを打ってみた。残念ながら景品交換へは至らなかったけど、最近はちょっとずつ流行始めてるらしい。そこで一回交換のボーダーラインを計算してみた。

 

25玉交換

アウト40000
分岐S5.88
千円18.3回
BA85
台売上91000円
玉単価2.27円

 

30玉交換

分岐S6.64
千円21.3回
BA87
台売上86000円
玉単価2.19円

 

40玉交換

アウト40000
分岐S8.02
千円27.1回
BA100
台売上77000円
玉単価1.93円

 

電サポ終了のたびに交換だと、ここまで差が付く。現実的には30玉交換あたりに魅力を感じるね。S6.34、千円20回で、ホールの台粗は5000円になる。アウト25000発でも台粗3000円だ。

千円20回は、ボーダー計算は別として、不満を感じにくい「大台」なんだよな。これからは「3.3円一回交換」が流行るね!(流行りません

 

ぶっちゃけ、パーソナル全盛時代に一回交換は「メンドクセぇ」と言われて終わっちゃいそう。まあ、警察が「一回交換こそ機会の公平」なんて言いだしたら分からないけどね。

等価を禁止したって無制限は変わらないけど、無制限を禁止すれば等価は減りそうな気もする。

 

— more —

とある業者さんから、「パーソナルだからこそ、面倒くさくないんですよ。だって台ごとにジェットカウンターがあるんだから」というご意見をいただきました。

おお、そりゃそうですね、確かに Σ( ̄◇ ̄;)

Comment

  1. メタ凡 より:

    ボーダー・ボーダーラインという考え方は業界の発展よりも凋落に向かうように思う。
    ホールはボーダーラインを絶対に超えない調整に向かうし、お客さんはボーダーを超える台が無いからボッタ店と判断する。
    明確にしても何の為になるのか判らない線引きは止めたほうがイイ。

    • ホールの考える「ボッタ店」って、どういう店なんでしょうか。

      セミプロの考えるボッタは「分岐S以下」
      常連の考えるボッタは「出てるように見えない」
      ホールは?

  2. ひろ より:

    何処かの政党が、換金をどーのこーの言い出してる。

    通らないでしょうけど、落とし処の尺幅が拡がるような気がするね。

    しかしメーカーを含めた税収……理解してんのかね。

  3. メタ凡 より:

    連投すんません。
    ホールの考える「ボッタ店」は一概に答えられません。
    個人的に言わせてもらえば、売上に対する粗利が30%を超えるようなところですね。
    「分岐S」って意味はホールの経費も考慮してないトントン状態ってとらえ方です。
    したがってホールからは「分岐S以下」が正常運転だと思います。

    私の「分岐S」の考え方が間違ってますか?

    • 私も同じ考えです。経費を含まない、純粋な出率100(等価の場合)を分岐Sとして書いていました。

      とした上で。

      300台中10台とか、分岐Sを上回らせることは可能ではないか? と思うわけです。

      もちろん、残り290台の釘は今より渋くなりますけど、千円16.3回が16.1回になったところで体感は変わらないですよね。

      「釘を開けたとき客足が戻りやすい機械」を把握しておかねばなりません。それは店長のスキルだと思いますし、地域性も出てくる。

      つまり、出玉を一部機種へ寄せる。

      今まで海へ寄せていたように、他の機械へも寄せることは可能ではないか、と思うのです。全ての機械を分岐Sにするのは誰でもできるけど、「効果的に寄せる方法」は、とても難しいと思うんですね。これをやってほしい。

      ホール全体の平均では分岐SでOKなんです。ただ、一部の機械は分岐S以上にしてほしいと。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

泊まってってって、言ってるでしょ…?

キリカと調のやり取りを見てると、原作を見たくなる。 とまってって、言ってるでしょぉぉぉ!

記事を読む

no image

うー、がおー

けものフレンズかと思った? 残念、ミスマリンちゃんでしたw いや、別に残念ではないのだけ

記事を読む

推して参るさん、当る

シンフォギアの良さは、捨てキャラを作ってないところだと思うの。 蒲田のシンフォギア

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑