20ページの報告書を2ページにまとめてはいけない

公開日: : お仕事 Comment(2)

システムエンジニアのケースとは違うけれど、調査報告書も似たようなところがあってさ。20ページの報告書を2ページにまとめたら、こんなモノを作るのに1ヶ月もかかるの? たった2ページに○万円なんて高すぎないか? と言われるのがオチなのよね。

両方をセットにしたところで20ページの方は読んでもらえず、「2ページの方だけでいいよ」と言われた後、同じように時間や価格への不満が残ります。

20ページを2ページにまとめるのは物凄い時間がかかる。脳みそも使う。でもその努力、完全に無駄。相手企業はそれを求めてない。

  スポンサーリンク
 

Comment

  1. ひげめがね より:

    僕も仕事上似たような事案は多々発生しますが…

    どんな仕事やどんなモノでも
    『買い手が値段にケチつけるな』と言いたい。

    文句があるなら買わなければ良いだけ。
    原価?作業工数?他社との比較?
    『ご自分でやるか、他社でどうぞ』ですわ。

    • 買う気がなくて高い高い言うのは構わないんですよ。
      買う気があるのに高い高いというならば、それこそどうぞ他を当たってくださいとしか言いようがない。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プロと素人の差

素人の感想は聞け、アドバイスは聞くな プロのアドバイスは聞け、感想は聞くな 時々思い出

記事を読む

コンテンツ作成に要する時間と、消費する時間

https://twitter.com/getters_iida/status/1171923370

記事を読む

近くにいるなら寄ってくださいよ! 案内しますよ!←これ

うお、東京から四国への回送がある! いやでもさすがに距離がなぁ・・・・・・。  

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑