リゼロ打ちたいんだけど

公開日: : パチンコ, メーカー Comment(0)

パチンコでもさ。みんな細かい演出やリーチフローまでよく見てるよね。自分も仕事モードの時はあれこれ考えながら打つけど、プライベートなときは液晶画面のキャラ見ながらわけのわからん想像してるだけですわ。

老いたなぁ。

アナログが復活すると繰り返し言ってるのはそういう面もあってさ。開発者は常に20代がメインだけど、ファンは40代がメインでどんどん高齢化していく。若い人は「今よりも多くの演出を」「今のリーチフローをこう発展させる」みたいな拡大方向への慣性を持つけど、歳を取ると縮小方向へ向かってしまう。

メーカーはこれからも20代の感性で作り続け、ファンは高齢化して理解できなくなる。たぶん「今」が限界値だと思うね。演出用のROM容量も増やすようですし、稼働という面では今より持たなくなってくるよ。

  スポンサーリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保留の色変化に関するメーカーの強い信念

あれほどどのメーカーも狂ったように保留の色変化を搭載してたのに、シンフォギアのヒット以降めっきり減っ

記事を読む

パトめんまw

こいつ何やっても可愛いな! 外れても可愛いな! お、なんか強そう! はずれんのかー

記事を読む

なんデスと?

https://twitter.com/pachicom777/status/11373465974

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑