パチンコ業界の良さ

公開日: : 業界ネタ Comment(0)

一般社会って、実家の太さというか、生まれ持って履いている下駄の高さが、成功に強く影響したりするんだよね。

パチンコ業界の良さは、そんな下駄が通じない、必要としない点だと思う。

そのぶん下卑た人やサイコパスっぽい人も多いのだけれど、それも含めてパチンコ業界の良さ。生まれも育ちも関係ないから敗者復活戦の舞台として活用できる。メーカーを追われた人がホールに行くこともあるし、ホールでやらかした人が独立して業者を開いていたりする。

在日社会の権力者であっても事業をこかして落ちぶれた二世三世もいるし、そもそも三菱やら住友やらといった大財閥は存在しないし。

  スポンサーリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おだち候補へ単独インタビュー(立ち話)

おだち候補と東上野パチンコ村。騒ぎを聞きつけ、私もコンパクトカメラを片手に追いかけました。ルポライタ

記事を読む

戦う男の顔に注目しました

https://twitter.com/epachinko/status/1151033709065

記事を読む

おだちアカウント凍結!

https://twitter.com/epachinko/status/1149913972843

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑