稲川淳二 初打ち

公開日: : ガチ打ち, パチンコ, Comment(7)

その店には数々の人気台があった。

彼の好きな台もあった。

いつものように端から一台、一台と、盤面を見比べていった。

すると見たこともない台で足が止まった。「うぅ〜ッ」寒気がした。5月だというのに初夏のような陽気の日に、寒気がした。

いつもの彼なら決して座らない、ひと目見て通り過ぎるはずのその台。

なんで、座ってしまったんでしょうかねぇ。

  スポンサーリンク
 

Comment

  1. 円高容認 より:

    この文章のテンポ好き

  2. ぱちを より:

    「生き人形」だけで1台作ってほしかったなあ。

  3. ぱちを より:

    1999年の新宿厚生年金会館でのライブが
    一応の「完全版」ということになってます。
    探せば動画は見つかります。
    この話だけで1時間以上ありますが
    本当に怖いけど面白い話です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おお、新国立競技場だ!

ネットではボロクソ叩かれてるけど、現物はすごくモダンで素敵よ。 スマホの望遠だ

記事を読む

Air DOのポイントが貯まっていた

北海道へ行くときはAirDOをよく使ってたんですよね。 たった1616ポイントかーと思

記事を読む

あの日光った華の名前を俺達はまだ知らない

プレス発表! 日常に戻ってきた! そら鼻にマイク刺さりますわ! 華だけにね!(プーッ

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑