パチンコ税じゃなく、パチンコ台税

公開日: : 業界ネタ Comment(0)

交換時にパチンコ税を徴収するのではなく、新台へ乗せるのはどうだろう。台あたり7万円。パチンコ、スロットあわせて2,000億円くらいになるでしょ。

新台入替を頻繁にするホールのみが負担する」という形。

もちろん、大手を中心に批判は出るだろうけど、パチンコ業法を作るよりも簡単だよね。賭博うんぬんには触れず、ただの商取引への課税。「遊技機取引税」みたいな感じで。

景品交換時の課税だと「ただちに違法とは言えない」と言い続けた警察は、「なぜその状態を60年も放置したのか」という不作為責任を問われかねない。

警察という組織の性格から、パチンコ税は飲めないだろう。でもその一方で、政治マターとしての「2,000億円」は今さら消せない。ならば機械取引へ課税する。

もちろん最終的には客負担だよ。だけど、買取所で引かれるより、渋釘での負担の方が、いわば内税となるため精神的なダメージは小さいかなと。新台買わないホールへ行くという選択肢も残るしね。

まあ、冗談です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「戦争になるぞ!」

https://twitter.com/mk00350/status/102893252289637

記事を読む

ダメになるメーカーの特徴と、稼働を落とすホールの特徴は一緒

メーカーなら開発者。ホールなら店長。 彼らの多くが、外部からもたらされる情報に対して「知ってる

記事を読む

パチンコ業界はもうダメ

https://twitter.com/GoITO/status/10270995658649026

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑